昭和のサスティナブルなくらし

カルトナージュこそSDGsと、昨年もお話ししましたが、お菓子の箱など捨てずに再利用して新しく生まれ変わらせるワザはまさに今の流れに乗っています。

とは言え昭和生まれの日本人にとっては目新しいことでも何でもなく、私の子供時代など東京のど真ん中でもスーパーもまだなく商店街がお買い物の場。
八百屋さんでは新聞紙で袋をお店の人が作ってその中にお野菜を入れてくれたり、新聞紙で包んでくれたり。
魚屋さんに行けば、経木でお魚を包んで新聞紙でくるむ。
今でこそお買い物袋皆さん持っていますが、買い物にはカゴでできた買い物カゴを持参が当たり前の時代でした。

そしてお豆腐はお豆腐屋さんが自転車の荷物置きに木でできたお豆腐の入った水がはってある箱を乗せて、近所の至る所笛を鳴らしては「とーふー」と声を張り上げて巡ります。
笛が鳴ったとき外に水を張ったボールを持って出ればすぐに買える、と。
のどかなものです。

卵も籾殻の中に並べられていて、一個から買うことができました。
パン屋さんに行くと、少し大きめの紙でできた袋に、ガラスケース越しに並んだ菓子パンを選ぶとお店の人がカレーパンだろうとチョコレートパンだろう買った分だけ全部ひと袋に押し込んで、袋上部の両端をくるりと一回転させて袋を閉じてくれます。
今のように一個一個入れるなんてもったいないことはしていませんでした。

ところがパリに住んでいたとき、パン屋さんで菓子パンを数個買ったら、日本の昔と変わらない方法で袋にぎゅうぎゅう詰めてくるりと回して蓋代り。現代でもやってるじゃない、と、とても懐かしかったです。

都内の文京区に住んでいてこうだったんですから、今では想像もつきませんね。

当たり前に日本人がやっていたSDGs。今でもまだ遅くない、できます。

友人と会うので近くのパン屋さんで新作のメロンパンのラスクをお土産にしようと思ったのですが、お店で箱の用意がなかったので京都一保堂のお茶が入っていた箱を変身させまました。

いかにも和風柄なので色が映らないようにルチェルトラ柄の無地のプリントペーパーでカバーすることにしました。

どら焼きの箱

縦横高さに糊代分を足して大きさを製図すればあっという間に箱がモダンに変身。
箱作りに関しての詳細は<道具の扱い方→2020/4/16立ち上がり式の箱と道具の使い方>に掲載されています。

出来上がり

こんな簡単な方法でできるので、箱が捨てずに残っていたら可愛く変身させて手作りクッキーとかを入れて差し上げれば、いただいた方にも気持ちが伝わります。
マスクで顔を隠す生活がもう3年も続き、相手に喜んでもらえるようなお付き合いとか、カルトナージュを通してできれば,と思うこの頃です。

ラスク入れの箱に変身
カテゴリー:材料の扱い方

オーダーのポータブルフレーム

先日サンプルが仕上がった大事な人の写真を持ち歩けるポータブルフレームがようやく完成。
サンプル作りばかり続いていたので、ちょっとホッとします。

ポータブルフレーム

ギフト用のオーガンジー袋もカラーが揃っていて後は発送するだけ。
スエード調クロスで内側も全て仕上げましたが、内側開閉部分は本当は麻クロスを使用したかったのですが、ご本人のリクエスト通りにしました。
開閉を頻繁にするとスエード調クロスは傷みやすく心配でしたが、お財布や手帳と違って使う事でなく自分と一緒に持ち歩く事が目的ですから余計な心配をしてしまいました。

フレームギフト
カテゴリー:材料の扱い方

ワンデーレッスン用 20枚入るカードケース

相変わらずサンプル作りに追われる日々。
今週中に大学の9月からの講座内容提出しなければならず、かなり焦っています。
このところ新しいものを作っても講座キャンセルが続きショックは隠しきれませんでしたが、
腕のリハビリも効果があるようで、元気をとやる気を取り戻しています。

先日サンプル完成した携帯用のミニフォトフレームを参考にして大きさと中身を変えてカードケース
に仕上げました。

カードケース

厚みも薄くしてウレタンボールを貼り合わせ、ふっくら感はいつも通り。
20枚入るカードケースに私は各病院の診察券と保険証を入れて、病院にはこれさえ持参すれば滞りないようにしています。
家族一人ひとりにも持たせて、いざという時に役立っています。

20枚用カードケース

ポケットは両面2箇所についているのでここにも大事なものを入れられます。

ポケット

材料 ウレタンボール、  20枚用カードケース,   布クロスベルデアックア、 布クロスサックス  地券紙 0.25mm厚  0.3mm厚

仕上がりが無地なので今大流行のお好みのシールやテープを貼ればアレンジ次第で大人っぽくも可愛らしくも。

シールでアレンジ
カテゴリー:材料の扱い方

ポータブルフォトフレーム

オーダーのポータブルフォトフレームのサンプルなんとか完成。

写真立て

最近グリーンがお好きな方が多く、昔と違ってすっかり日本人の好みのカラーが変わってしまったようです。

材料 スエード調クロスペッカリーグリーン  麻クロス グリーン    縁どめ付きマグネット
ウレタンボール    地券紙0,25mm厚
ポータブルフレーム内側

デザイン企画をしていた時、まずカラーによって商品発注数も変わるのですが、
グリーンは全体のカラーの差し色で絶対に売れないカラーの一つで、発注しないことも多く、あってもごく少量。
バーゲン用に残る色の一つでした。

なのですが,個人的にはグリーンは大好きなカラー。世の中がようやく私に合わせてくれたものだと神様に感謝です。

アトリエにあるグリーン系クロスをチェックすると結構たくさんあります。
ちょっとご覧ください⇒コチラ

オーダー品製作と庭の草むしり

最近にょきにょきと生えてくる雑草の草むしりの庭仕事に加えてオーダー品プロトタイプ作り、更に腕のリハビリをプールでと、にわかに忙しい日々を過ごしていました。

満開だったツツジもあっという間に花が終わり今は花菖蒲が花盛り。

花菖蒲

毎日少しずつ草むしりをしていましたが内腿の筋肉が結構疲労したせいか、右足首を捻挫してしまい今週は安静を強いられ昨日からようやく活動再開。

今回のオーダー品は携帯用の写真立てで、亡き人を偲んでいつもバッグに忍ばせて持ち歩きたいというご要望。
昔は観音開きの物を作ったことがありましたが、それではちょっと違うみたいで、製作途中なのですが何度も頭を悩ましています。やり直しも多く早く完成させたい気分。

結局レッスン課題でもある下の写真の三つ折りのファイルケースの作り方を応用して作ることにしました。
ブック式写真立てに蓋がついて、手帳のような感じの仕上がりと想像していただければと思います。

作り方はノート作りの方法の応用編になります。

三つ折りファイルケース A4幅ファイルケース


なかなかノート作りは一般に浸透しないようで寂しく思いますが、このつくりを基本にすると懐紙入れとかお薬手帳など、とりわけ背の部分が美しい仕上がりになるので是非とも皆様に習得していただきたいテクニックです。

明日にはサンプルが仕上がるようちょっと頑張ってみたいですね。
カテゴリー:-

千駄木 腰塚のコンビーフ

ちょうど連休が始まる寸前浅草に商用で出かけた際、道路を歩かず浅草松屋の一階を通過していた際にゴールデンウイーク東京みやげの特設コーナーがあり、興味津々覗いてみました。

その中にあったのがこの千駄木にある肉屋さんの腰塚のコンビーフ
このほかにトップスのチョレートケーキも東京みやげだそうで、確かにこれは上野や東京駅羽田とかターミナル駅では買えないものですね。

普段は都内に仕事に出かける妹に依頼して購入してきてもらっていて、そろそろまたお願いしようかと思っていた矢先の出会いでした。この東京みやげ早速購入。

腰塚コンビーフ

400gたっぷりの手作りコンビーフはボリュームタップリ。でこれをいただくと他のコンビーフは食べたくなくなるかも。
冷凍保存しても良いのですがお裾分けなどをして一気に食べてしまった方がフレッシュな味わいを楽しめます。

真空パック

真空パックになっているので新鮮さに納得。
キメの細かさが脂が少なくお肉たっぷりのあかしの手作りコンビーフ。

コンビーフ
カテゴリー:-

ひと足早い母の日プレゼント

今年も息子夫婦からひと足早い母の日プレゼントのお花が届きました。
昨年からようやく母の日のプレゼントをされるようになり、母仕事の甲斐ありました。

西船橋にある珍しいお花ばかりでブーケを作ってくれるお花屋さんから。

リラの木の花まであり、お花屋さんで置いてあるなんて珍しいですね。
一度覗いてみたいと思うお花屋さんです。

母の日お花


家族のお誕生日の時もここのお花をプレゼントしてくれいて、大感激していました。

下は以前家族の誕生会にプレゼントされたブーケ。
名前がわからない品種の花がおおく、特殊な何重にもなるバラやガーベラ。

ブルーブーケ

こちらも家族の誕生日の時のもの。これだけ色々な種類があると花の名前を調べたくなってしまいます。

ピンクブーケ
カテゴリー:-

六義園のツツジ

六義園の挿木教室で、園内にあるツツジの挿木をして持ち帰った「花車」という種類が今ちょうど花盛りです。
挿木をして以来すぐ翌年には花を咲かせるという,とても元気者のツツジで立派に育ってくれていてそろそろ庭に地植えしようかと考えています。

花車

花車は花びら一枚一枚が独立しているのが珍しくその細い花びらがなんとも優雅です。

花車アップ

そして花車とよく似た色合いの紫琉球も今年はたくさん花をつけてくれました。

紫琉球

とりわけ今年は例年になく威勢よく花をつけた八重大山霧島。色が紅くて可愛らしく八重なのでツツジらしからぬ風情が特徴です。
本霧島という種類も挿木をしたのですが、これは貴重な種類で育ちにくく、うちではわずか2本しか育ちませんでした。おまけに花も一度も咲かずご機嫌を取るのが難しくてとりあえず枯らさないように大事に育てています。花はこのツツジと同じような紅い色で八重ではなく、同じような大きさの小さな花のツツジです。
六義園にいらっしゃればご覧いただけるでしょう。

八重大山霧島

帯地で作る名刺入れ

先日からサンプルを作っていた西陣織帯地を使用した名刺入れの修正品が出来上がりました。

本体には地券紙0.25mm厚を使用して、それにウレタンを張り合わせて仕上げました。
前回はウレタンボールそのものを使用したのですが厚紙部分が少し硬いので、袋物作りに利用する地券紙に変えたところ、なめらかな蓋の開閉となりました。

名刺入れ

内側も地券紙を使用して、布クロスクリアーマロンを貼り合わせました。
前回うっかりして装着し忘れたマグネットも今回はつけたので、これで手順がやっと完成です。

内側の仕様

ポケットは前回と同じく浅いポケットと深いポケットを2つ。名刺がゆったり入ります。

名刺入れポケット

まだサイズの数字に流動性があり、もう一回作れば完成でしょう。

できあがり

バッグ金具の修理

時々持ち込まれる革製品の修理。
今回は手紐の金具部分が擦り切れて摩耗してしまったバッグの修理。

革用工業用ミシンは持っているもののアトリエには置いていないのでカシメで処理をする事に。
バックル部分の革がちぎれてしまったので革包丁でカットして折り返してボンドGクリアで接着させます。
そしてバックルを差し込む穴を抜きます。

右側のボロボロになっていまにも取れそうな手紐はカットしておきます。

革手紐修理

先ほど開けた穴にバックルを差し込んで、カシメを打って固定すればバックル部分は完成。
そして手紐は折り返してボンドGクリアで接着。
革の手紐はよく切りっぱなしのままで作る方が多いのですが、少し革を漉いたり薄くして折り返して仕上げた方が見た目も美しいと思います。このひと手間が仕上げのコツかもしれません。

バックル

手紐も管に通してカシメを打てば完成です。
ベルトなどは同じような方法で修理できます。

修理完成

今回使用した道具たち。
右からGクリアボンド、2、5mmくり抜きカシメ打台打ち棒、ベルト金具用穴あけ、革包丁
そして使用した金具はアンティックカラーの大カシメ

道具
カテゴリー:道具の使い方