夏みかんピールを作ってみました

庭木の夏みかんもそろそろ終わりかけてきて、すっかり身が大きくなっています。
急いで収穫して、夏みかんピールを初めて作ってみました。
作っていただいて食べるだけだったのですが、自分で作ると想像以上にに手がかかるのでびっくり。
作ってくれていた友人に感謝です。

まずは皮を細く切って、チーズ用のおろし器で皮の表面に砂糖がしみ込むよう少し削ります。
あく抜きのボイルを2〜3回おこなったあと鍋に入れて砂糖で煮ます。
下のようにお砂糖を三回に分けて入れながら鍋で煮るのですが皮の重さの80%のお砂糖でも大変な量の
お砂糖を使用するので、思わず気軽に口にしていたことをいたく反省。まさにお砂糖の塊!

夏ミカン

煮上がったら一本一本広げてかわかします。うちわで扇ぐのです。

Drying

ある程度乾いたら、グラニュー糖をまぶして、また乾燥。こんなにお砂糖尽くしでもう絶対口にしないと心に誓いましたが、やっぱり美味しくてやめられない。

夏みかんピール

フカヒレ専門中華レストラン@銀座

先日、2年前に講師資格を取得された方々とご一緒に、夕方銀座で集合し、春のボローニャホビーショーを話題に楽しく過ごしました。
お一人、地方から通っていた方が東京にお見えになるということで実現しました。
この年度の資格試験に臨まれた方は人数が4人と多く、皆様仲良くされて大変微笑ましい限りです。

場所はGINZA SIX新橋よりの角を入ったライオンビルの後ろ角。場所も便利です。

 Restrant

フカヒレ専門店筑紫楼で、たっぷりフカヒレを使用したコース料理。生きたエビをその場で紹興酒でしめていただく料理もあり、元気がつきました。

shrimp

上記のファイルをクリックして頂くとエビ料理のビデオが見れます。

前菜始めフカヒレたっぷり、そしてメインのフカヒレもこんなに大きくて厚みがありコラーゲンの塊のよう。
その後麺類デザートと続き、十分堪能いたしました。

フカヒレ
カテゴリー:知っ得情報

新入荷のプリント紙

昨日に引き続き入荷したプリント紙のご紹介です。

本日のプリントは週末にショップアップ予定です。

フィオーレブルー
の色違いのグリーンバージョンです。厚みもしっかりしていて初心者の方でもきれいに仕上がるプリント紙です。

fiore verde

キャレピッコロ 赤色

carre piccoro

キャレピッコロ 紺色

carre pi marone

既に販売されているキャレ(同じ柄の拡大したサイズ) と一緒にコーディネートさせると、同一色でもあるので仕上がりに深みが出ます。こちらのキャレ柄プリント紙もしっかりした厚みの紙です。

Box

キャレピッコロこげ茶

carre piccolo marrone

フィオレーミニ ブルー
当店では新しい柄ですが、古くからあるクラシック柄。このプリント柄でケース用のボックスを作るととても豪華になります。

fiore mini

フィオーレミニ グリーン

fiore mini verede
カテゴリー:知っ得情報

新入荷のプリント紙

ご紹介が大変遅くなりましたが、新入荷のプリント紙を以下の通り掲載いたします。
ご購入できるよう以下の商品は本日中にはショップにアップいたします。

明日も新しい商品のご紹介をいたします。

数年前、銀座のFANCLビルで作品展を行った際に使用したテーブルセッティングのプリント紙ですが、作品展用にだけしかオーダーしなかった為販売にはいたりませんでしたが、好評にてご要望が多く今回入荷に至りました。

Posate

既に紺色のこの小さな花柄が販売中ですが、とても人気があります。赤も可愛いので是非お試しください。

Fiore remondini

人気のストライプ柄のバリエーションを増やしました。
ダブルフェイスで、薄めのバイオレットとおとなしめのピンク色。

Righe viola

紺色と薄いブルーの組み合わせ。

Righe viola

人気で在庫切れだったブロッカート柄の色違いでグレイッシュパープルカラーのブロッカート柄。

Broccato viola

ブロッカーと柄と同色のドット柄 グレイッシュパープル。

pois viola

上記のプリントを組み合わせるとこんな感じに。

Broccato e pois
カテゴリー:知っ得情報

長岡 蒼柴神社と隈研吾デザインの市庁舎

毎年5月半ば過ぎは戊辰戦争で命を落とした藩士の慰霊を弔う旧藩士会主催の招魂社祭が行われる長岡へ。5/19にはお城は落城。明治以降毎年藩士会でひっそりと行われているこの行事はここ、代々の藩主を祀る蒼柴神社で開催。

神社

昨年は開府400年記念でお香の会を開催したり、この神社では献茶会も行われ盛大に賑わいました。

shrine

長岡駅を出て直ぐに、このおしゃれな市庁舎、隈研吾のデザインです。解放感があり、市民が憩えるスペースがあちらこちらにあり、オープンスペースでのイベント開催も多い。
古材を工夫して鉄骨と組み合わせた異素材のコントラストとカラー、ガラス張りの会議室や役所のスペースなど、モダンな雰囲気が魅力的。

Aore

下は三階のスペースで床は板張りで温かみがあり、こちらにも市民が自由に使えるテーブルや椅子があります。ちょっと集まってお話ししたくなるような雰囲気が気持ちを思わずオープンにさせてくれます。

1CA8C11F-C853-4EE6-8841-0BC68ECE434C.jpeg

冬は雪で寒いのに、今は東京よりも暑く寒暖差もなかなか激しい。しかし空気は綺麗でのんびり過ごせる環境。時間があれば今度はゆっくり過ごしたいです。

新着ノート 販売中です。

しばらく欠品していたノート類がドッサリと揃いました。
現在ショップで販売中です。

ワインノート・クッキングノートの他に新顔はプレゼント記録ノートとトラベルノート

まずはプレゼント記録ノートのご紹介。イタリー語でプレゼントはregalo レガーロです。

Libro di regalo

2行に名前とプレゼント品 日付 何の為に贈答したかを書くようになっています。
Interno di libro

個人的には自分の親を亡くしてから、親たちの交友関係が知りうる範囲以外実際には見えてこないので、こんな形でしっかり装丁して子供に残すのも良いかな、とか思っています。


そしてイラストが各ページごとに違うトラベルノートは、見目麗しく、旅行に出かけた記念にメモをして、自分のヒストリーの一部となればこれもまた素敵です。

Viaggi

見返しのイラストも可愛い!

Libro degli viaggi

各ページごとにイラストが。

pagina destra

左側のページには[更埓茵↓⊇佝日、M用した便(飛行機 電車 バス)、rルート 到着日と時間
Ε僖好檗璽箸陵無 予防接種の有無 通貨 宿泊先 レストランメモ 11 旅行鞄 12 帰宅日

などを記載できるように英語とイタリー語の併記があります。


右側のページには観光場所 美術館 お土産 旅行メモが書けるように。

日本ではあまりなじみのないノートですが、海外在住の方もしくは海外在住経験がある日本人の方に贈られると大変喜ばれます。

pagina sinistra
カテゴリー:知っ得情報

旧岩崎邸庭園

所属する書道会の周年記念の集まりに、上野池の端へ。
早く到着したので、会場裏手の岩崎庭園に足を運びました。

Entrance

長いエントランスの坂を登ると洋館入り口にたどり着きます。
本年12月までメインの洋館の外壁工事で、今は写真の通り右手部分だけしか見えない状態。

Building

お庭には石灯籠やつくばいがあるので、不思議、と思っていたら、江戸期は越後高田藩榊原氏の屋敷だったそうで、入り口にはその頃からある大きなイチョウの木があります。駒込の六義園も最後は岩崎家の手に渡っていたので、三菱財閥の力で大名屋敷を次々と手に入れていたのですね。

Icho

奥は洋館、手前は和風の作りと和洋折衷。当初は和館が洋館よりもずっと広く、建坪だけで550坪だったそうですが、すでに取り壊され、今は3部屋しか残っていない小さいスペース。敷石の大きさがハンパない。

Giardino

洋館と地下で繋がるビリヤード場、これも洋館の設計者、ジョサイヤ コンドルの設計。イベントの販売場になっていて少々ガッカリ。スイスのコテッジをイメージして作ったそうです。

ビリヤード場

外壁を丹念に見ると繊細で美しい作りです。

billiards

池の端には横山大観記念館もあるので、不忍池を見ながらのんびり散策するのも気持ちの良い季節になりました。

在庫切れの商品が入荷しました

連休が明けて本日、一気にまた商品が入荷しました。

税関も休みだったのか、と思えるような滞りのようです。

在庫切れだったプリントペーパーも少しずつ入荷しています。
人気のドットやストライプも新しいカラーが揃っておりますが、商品アップは来週ぐらいです。

販売依頼ずっと人気を保っているカフェイタリアーノのプリントペーパーも再入荷です。

cafeitaliano

長らく入荷していなかったブロッカート柄も入荷。パープル系の色の同柄も新たに入荷しましたのでアップをお楽しみに。

broccato

手違いでなかなか入荷できなかった人気だったフィオーレブルーもようやく入荷。色違いのグリーンも新しく入りました。

fiore blu

新商品アップまで少しお時間がかかりますが、どうぞお楽しみになさってください。
カテゴリー:知っ得情報

シルク布地で作る裁縫キット入れ

プリント紙で作るカルトナージュのおおよそが理解できたら、早速トライして頂きたいのが、地券紙をベースにするいわゆる布袋物タイプの仕上。

今でこそ縫わないカルトナージュのバッグなど、流行っていますが、もともと日本では明治時代から縫わない小物ケースなどは女子の教書に記載されていて、文献と言うか昔の女子教育のテキストとして残っています。

と言うわけで、日本の文化として伝わっている布袋物=縫わない小物入れのプロトタイプを作って見ました。この手法を使えば、ご自分で立派な祝儀袋や不祝儀袋を入れる帛紗ケースがつくれます。

fukuromono

材料はシルクの帯地。京都の寺町のアンティックショップで見つけたリバーシブルのシルクの帯地をほどいて、洗い張りして作ってみました。外側、内側ともシルクの帯地です。マグネットで蓋を止めます。
昔は布地は大切に扱ったので、この手法ではべっとりとボンドを布地全面につけるようなことはモチロンしません。布袋物を習ったことがあれば、ご存知かと思います。
そして使用するボンドは当店で販売している布紙用ボンド。

ふっくらとした仕上げが、当店のカルトナージュ同様にやさしい仕上がりです。

interno

この中に針や小さいハサミ、糸巻きなどを入れて女子力発揮の携帯用に。
針入れや糸巻きなどをどのように可愛くしようかこれから準備しようと思っています。
撮影がなかなか大変でしたが下はポケットの中。外側、内側それぞれ作り上げて最後に合わせて作ります。

材料 地券紙 ウレタンボール マグネットシルバー 布紙用ボンド
道具 ボンド用へら 突っ切り 4,5mm幅

tasca
カテゴリー:terzo corso講習作品集

カルトナージュ ワンデーレッスン 渋谷西武 サンイデー

5月の渋谷西武第二木曜日の定期講座は売り場の事情にて休講になりました。

六月の渋谷西武サンイデーでのワンデーレッスンのお知らせです。
イタリアンカルトナージュの手法をしっかりと踏襲してくださっている、S.K.講師のワンデーレッスン。仕上げが美しい、バリエーションゆたかなイタリアンカルトナージュをぜひお楽しみください。

今月よりご予約受付中です。
バッグの中の整理にも、旅行の時のお供にもとても便利な整頓バッグ。
パスポートも入る大きさのチャックシールファイルに注目です。

イタリアンカルトナージュの整頓バッグ
6月8日(土) 10:30〜13:00

レッスン料 (材料費込み ) 5400円
定員8名

お申込みは直接渋谷西武サンイデーまで
A館7階=サンイデー渋谷
ご予約・お問い合わせ:電話03(3462)3324<直通>


Oneday lesson