材料の扱い方

昭和のサスティナブルなくらし

カルトナージュこそSDGsと、昨年もお話ししましたが、お菓子の箱など捨てずに再利用して新しく生まれ変わらせるワザはまさに今の流れに乗っています。

とは言え昭和生まれの日本人にとっては目新しいことでも何でもなく、私の子供時代など東京のど真ん中でもスーパーもまだなく商店街がお買い物の場。
八百屋さんでは新聞紙で袋をお店の人が作ってその中にお野菜を入れてくれたり、新聞紙で包んでくれたり。
魚屋さんに行けば、経木でお魚を包んで新聞紙でくるむ。
今でこそお買い物袋皆さん持っていますが、買い物にはカゴでできた買い物カゴを持参が当たり前の時代でした。

そしてお豆腐はお豆腐屋さんが自転車の荷物置きに木でできたお豆腐の入った水がはってある箱を乗せて、近所の至る所笛を鳴らしては「とーふー」と声を張り上げて巡ります。
笛が鳴ったとき外に水を張ったボールを持って出ればすぐに買える、と。
のどかなものです。

卵も籾殻の中に並べられていて、一個から買うことができました。
パン屋さんに行くと、少し大きめの紙でできた袋に、ガラスケース越しに並んだ菓子パンを選ぶとお店の人がカレーパンだろうとチョコレートパンだろう買った分だけ全部ひと袋に押し込んで、袋上部の両端をくるりと一回転させて袋を閉じてくれます。
今のように一個一個入れるなんてもったいないことはしていませんでした。

ところがパリに住んでいたとき、パン屋さんで菓子パンを数個買ったら、日本の昔と変わらない方法で袋にぎゅうぎゅう詰めてくるりと回して蓋代り。現代でもやってるじゃない、と、とても懐かしかったです。

都内の文京区に住んでいてこうだったんですから、今では想像もつきませんね。

当たり前に日本人がやっていたSDGs。今でもまだ遅くない、できます。

友人と会うので近くのパン屋さんで新作のメロンパンのラスクをお土産にしようと思ったのですが、お店で箱の用意がなかったので京都一保堂のお茶が入っていた箱を変身させまました。

いかにも和風柄なので色が映らないようにルチェルトラ柄の無地のプリントペーパーでカバーすることにしました。

どら焼きの箱

縦横高さに糊代分を足して大きさを製図すればあっという間に箱がモダンに変身。
箱作りに関しての詳細は<道具の扱い方→2020/4/16立ち上がり式の箱と道具の使い方>に掲載されています。

出来上がり

こんな簡単な方法でできるので、箱が捨てずに残っていたら可愛く変身させて手作りクッキーとかを入れて差し上げれば、いただいた方にも気持ちが伝わります。
マスクで顔を隠す生活がもう3年も続き、相手に喜んでもらえるようなお付き合いとか、カルトナージュを通してできれば,と思うこの頃です。

ラスク入れの箱に変身

オーダーのポータブルフレーム

先日サンプルが仕上がった大事な人の写真を持ち歩けるポータブルフレームがようやく完成。
サンプル作りばかり続いていたので、ちょっとホッとします。

ポータブルフレーム

ギフト用のオーガンジー袋もカラーが揃っていて後は発送するだけ。
スエード調クロスで内側も全て仕上げましたが、内側開閉部分は本当は麻クロスを使用したかったのですが、ご本人のリクエスト通りにしました。
開閉を頻繁にするとスエード調クロスは傷みやすく心配でしたが、お財布や手帳と違って使う事でなく自分と一緒に持ち歩く事が目的ですから余計な心配をしてしまいました。

フレームギフト

ワンデーレッスン用 20枚入るカードケース

相変わらずサンプル作りに追われる日々。
今週中に大学の9月からの講座内容提出しなければならず、かなり焦っています。
このところ新しいものを作っても講座キャンセルが続きショックは隠しきれませんでしたが、
腕のリハビリも効果があるようで、元気をとやる気を取り戻しています。

先日サンプル完成した携帯用のミニフォトフレームを参考にして大きさと中身を変えてカードケース
に仕上げました。

カードケース

厚みも薄くしてウレタンボールを貼り合わせ、ふっくら感はいつも通り。
20枚入るカードケースに私は各病院の診察券と保険証を入れて、病院にはこれさえ持参すれば滞りないようにしています。
家族一人ひとりにも持たせて、いざという時に役立っています。

20枚用カードケース

ポケットは両面2箇所についているのでここにも大事なものを入れられます。

ポケット

材料 ウレタンボール、  20枚用カードケース,   布クロスベルデアックア、 布クロスサックス  地券紙 0.25mm厚  0.3mm厚

仕上がりが無地なので今大流行のお好みのシールやテープを貼ればアレンジ次第で大人っぽくも可愛らしくも。

シールでアレンジ

ギフトのナプキンスタンドとメニューケース

アトリエのあるアークタウンに今年できたクレープ屋さんは開店以来毎日行列続き。
手作りのお祝いを差し上げるつもりが、手の故障で少しづつしか作業できず、ようやく完成。
イタリアから着いたばかりの麻のグリーンミックスのクロスでメニューケースを作ってみましたが、とても春らしい雰囲気。

店内で使用できる紙ナプキンスタンドとメニューケースを贈る予定です。
内装がグリーンをベースにしているので、濃いグリーンクロスが良いのか春バージョンで麻のグリーンクロスに統一した方が良いか思案中。

メニューケース

メニューを入れてしまうと可愛いプリント柄は見えなくなるので、紙とクロスと入れ替えてやり直そうか?とこれまた使ってみないとわからないものです。
麻のクロスのカラーがほんわかとした春向きという事は取り敢えずみなさまにご披露できました。

クレープメニュー

スクエアートレーキットを使用してメニューが挟めるように枠の下に厚みを出して、右横からメニューを差し込めるようにしてあります。透明フィルムを枠側に接着してあるので、写真立てとしても使用できるような仕組みになっています。

すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ナプキンスタンドの形はこのトレーの内側のくり抜き部分をなぞって形にしてあります。ピッタリ同じサイズにはならないのでくり抜き部分の両端のカーブを応用しています。

材料 スクエアートレーキット  プリント紙 ポザーテ   布クロス深緑   布クロス 麻ミックスグリーン 

年賀状の整理はおすみですか?

お年玉年賀はがきのチェックも終わりようやく年賀状の整理ができました。
今年は妙に年賀状が多く、厚さ4cmにもなってしまい、いつもなら郵便局で収納の紙でできた簡易ボックスをもらえるのに、今回はなし。
おまけにお年玉ハガキの当たりくじはこんなに枚数あるのに切手一枚だけ。

今年は枚数が少ない時に保管する当店で販売する回転式ボックスキットの高さサイズだけアレンジして4cm厚の年賀状ケースを作って見ました。
このキットの箱はちょうど葉書が入るサイズです。

年賀状ケース

折角なので風神雷神の和紙を使用して,なんとなく年賀状の雰囲気を出してみました。

回転式ボックス

自宅用には余り物の昔のクロスを使って仕上げました。
布クロスカーキはゴールド色と合わせるとなかなか高貴な雰囲気になります。箱の底には10年以上前に扱っていて現在は存在しないスエード調クロスのカーキ色。

金具の位置をキットと反対にしてみましたが、やはりキットの写真通りに作らないと回転部分がぶつかるようで、うっかりしてしまいました。
内側

ショップで販売している回転式ボックスキットはレシピが付いておらず、あくまでも講習用で販売していましたが、今後画像付きレシピをつくりたいと思います。
思えば駆け足で本当にたくさんのレシピを作り続けて大学や百貨店でレッスンを行い、整理がつかないほどの量となってしまいました。
なのにまだ新しいものを作りたがっているのには本人も呆れてしまいます。
昨年骨折して一年にわたって手が使えず、悲しい毎日でしたがアイデアは枯渇する事がないものの手が動かせないというストレスに悩まされました。
まだ,2月末までは使ってはいけない両手なのですが、整理優先で今日は特別です。

小さい回転式ボックスは現在は一部画像入りのレシピ付きで販売しています。

キット

正確な目盛のドイツ製メジャー

ギフトコレクション内で販売しているマカロンメジャーの在庫が少なくなってきたので少しずつ生産を始めています。

販売している布地を使用して準備しています。
ヘキストマスメジャーの表と裏をご覧ください。
片側にメジャーを自動で収納するボタンがあるので両面をカバーしても真ん中あたりを指で押さえれば、さっと収納できます。

ヘキストマスメジャー

接着剤で装着してまずは一つ完成しました。

別に外国製礼讃しているわけではありませんが、ドイツ製のこの巻きメジャーは数値が正確なので本当にびっくりします。
初めて手にしたのはずっと昔銀座の伊東屋でしたが、とても高価でびっくりしましたが、今思えば伊東屋さん価格だったことが自分で仕入れてよくわかりました。笑。

ギフト用マカロンメジャー

ノートの見返しをチェンジアップしてマイノートに

緊急事態宣言も解除され、何かほっとした気分ですがそうかと言って安易な外出もまだ控えざるおえません。

しばらくは引き続きおとなしくコツコツともの作りを進めていきたいものです。
実はしばらく酷使していた右手の痛みがひどく夜も眠れないほどでしたが、ここ何週間か整体に通って少し緩和してきました。

そんな中やる気になって今日は久しぶりに紙を切ったり貼ったり程度の作業をはじめました。
輸入したノートをアレンジして、見返しにプリントペーパーを使用してこれからノートに仕上げたいと思います。

さて「見返し」と聞いてちょっと何?と思われる方も多いかと思います。最近はノートも本も一昔前のように糸綴じされているものが少なく見返しがそのまま表紙になっていたり。その上に印刷されたカバーがついて本となるものがほとんどです。

昔の単行本でも本でも下の写真のように表紙と綴じた本を繋ぐ役目を果たすのが見返しで、この緑色の紙が見返しになります。この部分をプリント紙を使い、扉を開けたら華やかなノートに仕上げたいと思っています。

本の見返し1 本の見返し2

白い罫線の入ったこのノートの中身は何故か見返しがついていませんでした。左の2冊は取り敢えず見返しをつけてみたものです。
ノートアレンジ

3冊だけあった見返しなしのノートにそれぞれプリント紙で見返しをつけました。
かなり華やかになりますね。

見返し

ここまで準備ができたら、あとは表紙を作ってその表紙に外側の見返しを貼るだけです。

見返し2

ノートの作り方や構造がわかると大事にされている古くなったり傷んだ本の修理がご自分でも簡単にできるので、外出の機会が少ない今こそノート作りチャレンジして頂きたいと思います。

今月からオンラインレッスン日を多く開設しているので(トップページショップカレンダーに記載)ご興味のある方は是非ご連絡ください。
トップページカレンダーはパソコン画面の『ホーム』で見ることができます。スマホの方は『ホーム』画面を一番下までスクロールすると、[この表示をPC用に切り替える]という表示が出てくるので切り替えると左手下の方に営業カレンダーを見ることができます。

可愛いメモパッドに台紙をつける

以前見つけた縦横8cm✖️9cm厚み1cmのメモパッドとても可愛いのでこれにもケースをつけたくなりました。

メモパッド

中のページをぱらぱらとめくると4種類の柄で、何か得した感じ。

4柄

ケースを作るにあたって差し込み式が良いかな,とイメージを膨らませましたがなんと、このメモパッド台紙がない!

コロナで今は出かける当てもなく時間はたっぷりなので、手をかける時間ももちろんたっぷりあります。

メモパッドの大きさと同じサイズの0,7mm厚の厚紙とメモパッドの厚みと同じサイズの厚紙をカットして好みのプリント紙を貼り合わせます。

メモパッド台紙

出来上がったら上部の厚みの部分だけ、ペーパーセメントで張り合わせ出来上がりです。
ペーパーセメントはデザイン学校で学んだ方は制作現場でよく使う接着剤です。水分がないのでボンドのように紙が伸びたりしません。その代わり容易に剥がれ、失敗したらすぐ剥がせるのも便利な接着剤です。
ダブルコートとシングルコートがあるので必ずシングルコートを選んでください。

ペーパーセメント シングルコート

厚み部分にペーパーセメントをつけてメモパッドを接着。

ペーパーセメントを接着

これで台紙付きメモパッドが完成。

台紙付きメモパッド

折角なので裏側もお見せします。

メモパッド台紙裏側

さてメモパッドの準備が整い、これからケースのデザインを考えましょう♬

メモパッドケースを作る

オーダー品の発送が終了しましたが、その際作った簡易ケースが1mm以下の厚さの厚紙でもそこそこのものが十分作れることを改めて確認しました。

そこで普段携帯している作品製図用のA5サイズメモパッドを入れる軽量ケースを作ってみました。
バッグ内は携帯品が多く、今年指を骨折してからはなんでも軽量にして自分の負担を無くすようにしてきました。きき腕が痛くてあまり厚い紙が切れない今だからちょうど良い機会です。

メモパッドケース

メモパッドは強力両面テープで上部に貼付。
表紙部分は邪魔にならないように敢えて二つ折りにしてみました。


表紙

布クロスはピンクイタリアーナ。何だか蒸し暑い夏なので可愛い色で気分転換です。
このメモパッドはコマになっているので無地や罫線のものより使いやすく、絵も描けるし便利にしています。

メモパッド

リメイクボックスその2

筒状の厚紙があったら底や蓋部分を円形カッターでカットして加えて紙を貼るだけのリメイクボックスにすると形状が柔らかでおしゃれ感も出ます。
スエード調布クロスを使用すると高級感も。

円形ボックス

蓋部分にはウレタンボールを入れてふっくら感を出します。ドットストライプのプリントペーパーは裏表が色違いでプリントされているので内側と外側で変化をつけやすく使い勝手が良いプリントの一つです。

内側


蓋のトップには金具をつけました。紺色の方は国産の大きめゴールド金具でパープルの方はイタリー製のシルバー金具

金具 シルバー金具