シルク布地で作る裁縫キット入れ

プリント紙で作るカルトナージュのおおよそが理解できたら、早速トライして頂きたいのが、地券紙をベースにするいわゆる布袋物タイプの仕上。

今でこそ縫わないカルトナージュのバッグなど、流行っていますが、もともと日本では明治時代から縫わない小物ケースなどは女子の教書に記載されていて、文献と言うか昔の女子教育のテキストとして残っています。

と言うわけで、日本の文化として伝わっている布袋物=縫わない小物入れのプロトタイプを作って見ました。この手法を使えば、ご自分で立派な祝儀袋や不祝儀袋を入れる帛紗ケースがつくれます。

fukuromono

材料はシルクの帯地。京都の寺町のアンティックショップで見つけたリバーシブルのシルクの帯地をほどいて、洗い張りして作ってみました。外側、内側ともシルクの帯地です。マグネットで蓋を止めます。
昔は布地は大切に扱ったので、この手法ではべっとりとボンドを布地全面につけるようなことはモチロンしません。布袋物を習ったことがあれば、ご存知かと思います。
そして使用するボンドは当店で販売している布紙用ボンド。

ふっくらとした仕上げが、当店のカルトナージュ同様にやさしい仕上がりです。

interno

この中に針や小さいハサミ、糸巻きなどを入れて女子力発揮の携帯用に。
針入れや糸巻きなどをどのように可愛くしようかこれから準備しようと思っています。
撮影がなかなか大変でしたが下はポケットの中。外側、内側それぞれ作り上げて最後に合わせて作ります。

材料 地券紙 ウレタンボール マグネットシルバー 布紙用ボンド
道具 ボンド用へら 突っ切り 4,5mm幅

tasca
カテゴリー:terzo corso講習作品集

本日のアトリエレッスン

本日のアトリエレッスンはラブリーボックス作り。T.K.さんの作品です。
新色のアックアベルデを使って、先日ノート作りで使用した50年代ファッションのプリント紙とのコーディネート。
とっても爽やかできれい!

scatola per beads

ビーズなどのこまかい材料を仕分けして入れることができ、すべらないスエード調のクロス仕上げの浅い引き出しでビーズを拾って作業ができる開閉式の2段ボックスです。
蓋部分と箱のサイド部分にはウレタンボールが入っているので、少しふっくらと丸みを帯びた仕上がりです。

interno do scatola

錠前小サイズ
は、ゴールドは既に在庫がなく、シルバーもあるだけ。と言うのも最近特に多い金具業者の倒産。他の会社が金型などを引き取ったそうですが、この錠前の型は廃棄されたため製造不可となってしまいました。
その代わりに問屋の在庫あるだけ、少量ですが、アンティックカラーとニッケルのサティーナ仕上げ(
今回使用しているシルバー色のつや消し)を入手することができました。なかなか品良い仕上げで、高級感もあります。近日ショップに掲載予定ですのでお待ち下さい。

引き出しのネジ式取っ手は国産品です。
カテゴリー:terzo corso講習作品集

カルトナージュレッスンアトリエ3月

本日のレッスンはディプロマを取得した講師の方だけになり、言わばスキルアップレッスンとなりました。
作品はお持ち帰りで仕上がる予定の未完の為、終了された掲載作品はありませんが、福島からお越しのK.Y.さんが、以前上級コースで作成されたキャンディーボックスを復習を兼ねて、ご自身で刺繍されたパーツを利用して作ってきてくださいました。

Candy box gold

このボックスづくりの特徴は製図して型紙を作ってから作っていくのですが、和紙を土台に貼っていき強固な作りにしていきます。
金箔風の柄のこの和紙はなかなか素敵。外人にも受けそうですが、何よりも刺繍がお見事です。

Candy box gold2

内側もゴールドづくしで。

Candy box blue

刺繍のサンプラーがたくさんあったとのことで、それを各面にそれぞれ貼ってアクセントに。
蓋のトップの飾りもお手製です。

C box 2

お家にある細々とした手作り作品をアクセントがわりに利用して行くと、作ったものが生きてきますね。断捨離せずとも、別の形に変えて活かせてあげると素敵なギフトアイテムにもなります。

C box bl 3
カテゴリー:terzo corso講習作品集

ダブルポケットのPASMOケース

カルタフィオッコのカルトナージュレッスンは製本用布クロスやプリント紙を使用して作品作りをしますが、布で作るよりもずっとむずかしく、細やかな作業が必要です。

ある程度プリント紙で作るカルトナージュに慣れると布で作るカルトナージュはすいすいとあまりにも簡単に仕上がるのでびっくりするほど。


下の写真の布を使用したPASMOケースは上級コースですべての紙のレッスンが終了間際に行います。自分で使っているPASMOケースがもう何年も使用して古びたため作ってみました。

古くなるとポケット部分が段々ゆるくなってくるので蓋つきのものを現在新しく講習課題に変更しようと考えつつも、とりあえず従来のものを作ってみました。

布地はイタリーで購入したエトロのインテリア布地。

Porta carta di credit

内側にはスエード調クロス紺を使用してカードが滑って出てこないようにしています。裏を返すと柄が大きく変わります。

Altro parte
カテゴリー:terzo corso講習作品集

一月のアトリエレッスン

今月最後のアトリエレッスンです。

昨年渋谷西武で午後開催している革のタッセル付きカードケースをお作りになって本日初めてアトリエにいらしたM.T.さん。緊張されながらも、ワンレッスン時間内で3穴写真立てを完成されました。

昨年から流行色でもあるブルー系のクロスアンティック柄のブルー系プリント紙で、金彩が豪華ですが、意外と親しみやすいカラーコーディネートになりました。

3 hole photo frame

下は以前革のスキルアップレッスンを行った際、革で作るシステム手帳を作成しましたが、途中だった為に本日完成させていただきました。

System note in leather

お久しぶりにレッスンにいらしたK.O.さんは、変わらずに手際よくこの作品以外にも結構複雑な携帯用アクセサリーケースを仕上げられ、イタリアンカルトナージュの楽しさに没頭して頂けたようです。

手際の良さは他の生徒さんにも大変刺激的のようでした。是非また近いうちにお越しください!

材料  布クロス ローズ   システム手帳金具   カードケース8枚入り

Open the note

そしてフランス製ジャガード布地眼鏡ケースとフランス製布地と革のIDパスケースを完成されたT.K.さん。2レッスンで2点と手のかかる作品を見事に終了され、まさにスキルアップされました。

Eye glass case & ID pass case
カテゴリー:terzo corso講習作品集

一月のアトリエレッスン

本日のレッスンはスキルアップの方と一般レッスンとの合同でした。

最近病院に何か治療に出向いた際インフルエンザをもらってくる方が多いようす。当アトリエでも生徒さんのお風邪での欠席がチラホラと。

皆様お出かけの際には手洗いを欠かさずご注意なさって下さい。

N.T.さんの作品は三段引き出し。綺麗に仕上がりました。
ネットには手違いで出ていないプリント紙ですが、N.T.さんすっかりお気に入りに。
各色あるので本日中には何とかアップしたいと思います。

引き出しの段作りを丁寧に仕上げていかないとサイズが微妙に狂い、完成迄以外と難しい作品です。
全体周りはウレタンでふっくらとさせて角ばっていないところが柔らかい仕上がりに見えるコツです。

cassetto

材料 布クロス 青 引き出し用取っ手(イタリー製) ・ ウレタンボール

aperto cassetti
カテゴリー:terzo corso講習作品集

カルトナージュ ディプロマ取得試験

本日はいよいよディプロマ取得のための筆記試験と作品実技。

今回は3名の方が試験に臨まれました。
実技のテーマはバッグインバッグ。ご自身が必要とされる大きさでの仕上がりです。
3名それぞれの方の力作をご覧下さい。

昨年の夏の速習コースから始められたA.S..さんの作品。
写真の光の具合が悪く良く見えなのですが、外側はふっくらとウレタンが入り立体感があります。
バッグの金具使いが新鮮で形もデザインもおしゃれな仕上がり。

材料:布クロス朱色   プリント紙 ボルザ  地券紙 ウレタンボール  

stile cruch

ご自身のイニシャルもデザインして厚紙をくり抜き、くっきりと美しく出来上がりました。
ジャバラ使いを応用したオリジナルサイズのマチの幅の作りも斬新です。

aperto la borsa

モダンな仕上がりの革ひも使いのバッグインバッグは学習院の講座〜渋谷西武までのフリーレッスンでコツコツとレッスンを続けられたM.T.さんの作品。
出来あがった時には皆様大拍手でした。シンプルで使いやすさと便利さが備わっています。

材料:布クロス アザレア     プリント紙 小花パープル茶   小カシメゴールド   地券紙    ウレタンボール    ハトロン紙  
con cuoio

革の手紐を絞るとバッグの手紐になり、バッグを開けると革ひもがバッグの周りにぐるりと回って邪魔になりません。
ポケット二つ付きですが作り方の発想も素晴らしい。今回は皆様バッグのマチにジャバラファイル方式を取り入れています。


2  tasche


そして最後は矢張り渋谷西武で始められてその後はアトリエレッスンにお越しいただいたA.K.さんの作品。
ベースはパスポートケースだそうですが、細かく仕分けのできるバッグインバッグ。ショルダーにもなる紐はご自身の手作り、イタリー製のタッセルがチャームにポイントに。

材料: 麻クロスブラック   イルパピロマーブル紙ピンク   地券紙  ウレタンボール   取っ手小サイズ  飾りカシメ マーガレット   ハトロン紙 

stile la borsa

中を開けるとイルパピロのピンクのマーブル紙が豪華です。お時間のかかる細かいポケット作り作業が続いていました。


aperto la  borsa

三つ折りのバッグなので収納はたくさんあります。

2

色々挟むことができ、仕切りが多いので旅行には重宝しそうです。

ショルダー式に持っていただきました。大きさはこんな感じです。

in piedi con la borsa
カテゴリー:terzo corso講習作品集

夏季連続講習

お陰様で本日でまた今年の夏期講習が終了いたしました。
毎年お暑い中、とりわけ今年は猛暑の中アトリエ迄日々お越し頂き有難うございました。
無心で作品作りに取り組んで頂き、毎回ですが熱心にカルトナージュのいろいろなテクニックを学んでいただけ、大変嬉しく、また新しい何かワザがあればと今後の模索の励みになります。

夏期講習上級コースの作品

T.K.さんの作品。重たいものを置いてもびくともしない、ナプキンスタンド。A4コピー用紙置きとしてお勧めしています。

porta tovaglioro

型紙から作ってご自身でデザインするキャンディーボックス。和紙とのコンビネーションも課題です。

candy box

蓋を取ると内側はプリント紙で可愛らしくアレンジ。

senza coperchio

新しく入荷したばかりのジーンズクロスは使い勝手の良いしなやかさが作品に反映されました。
なんとも丈夫なバニティーバッグが出来ました。

vanity bag

手紐をはずすと、中が開きます。

aperto vanity

本日最終日に参加されたM.T.さんはメガネケースをエトロのインテリア布地で作られました。

porta  occhiagli

ハズキルーペがすっぽりおさまりました。

messo occhiagli
カテゴリー:terzo corso講習作品集

6月のアトリエレッスン

6月になってからすっかり体調を崩してしまい先週の平日レッスンはお休みさせて頂きました。

日曜日のレッスンで久々の復帰快復。
楕円の箱大小サイズが仕上がりました。蓋と底が同じサイズのミニ箱と蓋のサイズが大きいタイプの2種類が課題です。
制作方法はそれぞれ違う方法で作っていきます。

課題はイングリッシュスタイルの楕円箱作りで、ちょっとしたコツで、つなぎ部分がとんがって仕上がらないような工夫があります。

oval box


材料 : 楕円厚紙 9×12cm 8.5×11.5cm 楕円ウレタンボール9×12cm 楕円ミニキット プリント紙 タッセル花柄 布クロス アックアグリーン
布クロス 空色 プリント紙 アンティック地図

oval box2
カテゴリー:terzo corso講習作品集

ご自宅で完成の作品

昨年の夏季速習講座からレッスンを始めて、わずか10ヶ月で既にすべての課題を終了されたA.S.さんはお忙しい中一生懸命アトリエに通っていただきました。

お疲れ様でした。シャネルをはじめブランドがとってもお似合いのA.S.さんらしいキャンディーボックス。紙で出来た箱には見えないゴージャス感が楽しいですね。

candy box
布クロスブラック  取っ手大サイズ ゴールドデコレーションシール


バニティーバッグもご自身でお選びになったブレードをアソートさせてかわいく仕上がりました。


vanity bag
布クロスアザレア   小かしめ
カテゴリー:terzo corso講習作品集