はじめてのプリントペーパーカルトナージュ

アトリエ移転で暫くお休みするアトリエレッスンですが、はじめてのペーパーカルトナージュレッスンにご参加のMさん。

ステーショナリーセクション、ボックスセクションと別れた新しいカルキュラムでスタートして頂きました。
まずは紙に関する基礎知識を熱心に聴講していただき、お手持ちのお好みのプリント紙で三穴写真立てを作っていただきました。

三穴写真立て

可愛いプリントが大好きと仰るMさんは、A4サイズの可愛いプリント紙をお持ちでちょっと悪戦苦闘しながら完成されました。
すこし厚みがありどちらかと言うと包装紙タイプの紙なので、細工するとぼろぼろっと強度がなかったので細心の注意が必要でした。


可愛いプリント柄にコーディネートさせたのはピンクイタリアーナの布クロス
可愛さ倍増で仕上がりました。

製本クロス
カテゴリー:本日のレッスン

当店のプリントペーパーがアート作品に

ペーパーアート作家の方がご自身の個展に当店のイタリアンペーパーをアート作品の一部にご使用いただきました。

白く中央に小さく見える極小の折り鶴が貼ってある繊細な作品です。
この画像の下に拡大写真があります。

小野川直樹作品

今月から展示が銀座シックス6階のTSUTAYAで展示が始まります。

小野川直樹展 「BREATH」 6月22日から7月12日

ご都合がおつきの方は是非繊細なアート作品、ご見学なさって下さい。

こちらの作家さんのホームページ→からInstagramに入れます。

極小ミニ折り鶴

今回は展示作品にご使用との作家の方からご連絡がありましたので、こうして皆様にお知らせ出来ますが、結構知らない間に有名出版社の限定本に使用されていたり、とか展示用の背景に使用など、皆様がよくご存知の会社に使用されている事が後からわかったりする事が多々あります。

日本人のペーパー好きは和紙の発展とともに、貴重なものでもあり育まれて来たように思います。
昨今は安価で可愛い中国製の紙が一般的になり、逆にヨーロッパの手の込んだ版の良質な洋紙のプリント紙の価値が再発見されている感じです。

物資の豊かな現在、ノートの紙の質も日本製はドンドン低下しており悲しい。
逆にイタリーの糸綴じノートは伝統文化を大切にして、頑なにその質を守っているヨーロッパ人の民度の高さを感じます。

良質なものは手が掛かり、それが価格に反映されています。
カテゴリー:イベント情報

六角形のギフトボックス

本日のレッスンはステーショナリー部門とボックス部門に分けた新しいプログラムで昨年よりスタートしたNさんが、いよいよボックス部門のカテゴリーに入られた最初の作品。

最近掲載が続いている六角形ですが、そのうちのギフトボックスを一気に完成させられました。

六角ギフトボックス

カルトナージュレッスンを始めた20年前に、どうしても神田明神下にある仕出し弁当店「雅」で販売していたちらし寿司が入った折り紙手法でできた広げると円形になり販売時は巾着風の形になるケースを真似てカルトナージュで作れないか試行錯誤してできた作品。

六角小物入れ オープン時

応用するとワインボックスも作れ、高さを変えれば色々なサイズの巾着ボックスが仕上がっていきます。

上から上から オープン

少し前に紹介した六角折りたたみケースの蓋がわりにもなります。
カテゴリー:primo corso講習作品集

スキルアップ 和紙工芸のレッスン

先日のスキルアップ講習時にもう一点和紙工芸作品作りを行いアップしておりませんでした。

ショップで販売しているコースター型に和紙を貼り合わせ樹脂加工する作業です。

円形コースター

裏側は最後に貼りますが、境が見えないよう厚み部分ギリギリでカットするとほとんど貼り合わせ部分が見えずに綺麗に仕上がります。

裏側コースター


このコースターは厚紙という表示ですが、かなり硬いチップを圧縮してできたハード素材。普通のこの厚みの厚紙ではきっとフニャフニャしている事と思います。
コースターは今あるだけで、仕入れ先がまた廃業してしまうため今後は入手困難です。

カルトナージュは圧倒的に平面に紙や布を貼る事が多いのですが、この抜き型のように湾曲しているものはなかなか貼りづらく、シワが出てしまう事が多いです。そんな時使用するのがモミ和紙です。
普通の和紙の大きさのものを職人が揉んでいき、和紙全体の大きさが半分ぐらいになってしまいます。
モミ和紙を依頼すれば今までは入手できましたが、この紙ももうオーダーできない現状。

いよいよ当店の商品もある限りの限定品が多くなり始めています。

コロナ後は旅行者は増大しましたが、その反面日本の良き文化、伝統技の職人達の技術と販売する場を失っており、大変残念。

スキルアップレッスン

スキルアップレッスンを行いましたが、お一人は終日厚紙とクロスの裁断に終始して、トランク作りの準備となり、あとはご自宅で作り上げる事に。

そしてもうお一方はソーイングで型紙作りに使用するハサミケースを革で作り、今秋聖徳レッスンで行う六角折りたたみ式ケースもソーイングレッスンの際に道具入れとして持参して一緒に使用するそうです。

革のハサミケース

かなり鋭利なハサミなので革で作るのが一番。縫い合わせ部分は極小かしめで止めて絶対に抜けないピッタリサイズ。
ハサミが入る口周りは、革漉きをして内側に折り込んであります。両端は切りっぱなしです。

ハサミケース

ハサミにオリジナルチャームを付けてあったので、ケースにも花モチーフの革の型抜きをあしらいお揃いに。

六角小物入れ

他に使用する製図の道具やペンなども小物入れに入れて、これでお稽古に臨む準備万端です。

六角小物入れ

本年秋の聖徳大学SOA講座レッスン

まだ本格的な夏になっていませんが、既に秋の大学講座の日程も決まり気忙しい日々を過ごしています。

大学の生涯学習センターではカルトナージュは若い方に人気ですが、実際には講座利用者が圧倒的に高齢者が多いため、課題作品選びに頭を抱えています。

今回は、卓上メガネケースや小物入れにもなる六角折りたたみ式小物入れと、ブック式の扉が開く写真立てを制作課題としました。

ブック式写真立てと六角小物入れ

ショップでも一番人気のこの二つのキットですが、カルトナージュ初心者でも作れるよう2回の講座で1作品作るようにゆったり丁寧に進めて参ります。

折りたたみ式の六角小物入れは、ペタンコになるのでギフトや道具を使うお稽古事の際に、道具立てとして持ち運びもできてかなり便利で可愛い作品です。

折りたたみ六角小物入れ

聖徳大学SOAカルトナージュ講座

イタリー製材料で作るカルトナージュのステーショナリー

・折りたたみ式卓上メガネケース
・ブックスタイルの写真立て

9/30(月) 10:00-12:00
10/7(月) 10:00-12:00
11/25(月) 10:00-12:00
12/9 (月) 10:00-12:00

お申し込み詳細は直接下記聖徳大学SOA生涯学習課宛ご連絡ください。

聖徳大学生涯学習課

 電 話: 047−365−3601
 FAX: 047−365−1233
 メール: soa@wa.seitoku.ac.jp
******************************************************

アトリエレッスン

今まで北国分駅前のアークタウン内でアトリエとして講習を行なっていましたが、移転をすることになりました。6月僅かな日程ですが開催しますが、その後は移転完了後にアトリエレッスンを再開いたします。
場所は北国分駅周辺はじめ都内などで開催予定でまたショップお知らせにてご連絡致します。

オンラインショップをはじめておよそ20年が経ち、当時はまだGoogleもAmazonといったGAFAも立ち上がったばかりで、今のように世界を凌駕するほどでなかった時代。世の中20年でこんなに変わってしまうんですね。

一時はAmazonが何でも送料無料をはじめて、それが当たり前のようになったり、紆余曲折色々ありました。
今はCHATGTPの脅威もありこれから世の中がどのような方向に向かうのか興味津々。兎も角長生きしてこれからの新しい世の中の流れをしっかりこの目で見ていくのが楽しみです。

以下は宮内庁三の丸尚蔵館で現在展示している17世紀に日本人がイエズス会のセミナリオで教えを受けて描いたベネチア(上)とローマの地図(下)

17世紀のベネチア地図

17世紀のローマの地図
カテゴリー:知っ得情報

ギフトコレクションに新しいアイテム

作っても作っても間に合わないギフトコレクションの製品ですが、オーダー頂いたアイテムから生まれたオーガンジーサケットギフトが新しく加わりました。

人気のフィレンツェ独特の柄が人気の診察券ケース。お揃い柄のミニクリップボードA6サイズとの組み合わせでオーガンジーサケットに入れると、ギフト感がお得にアップします。

朱赤のクロスとの組み合わせも可愛い。
カードケースとA6クリップボード

深緑のクロスのコーデはちょっとシック!
クリップボードとカードケース

カードケースは家族1人に一個。診察券ケースとして使い棚に飾ってもカラフルでオシャレ感ありです。
10枚入りカードケース IMG_2245.jpeg

IMG_2243.jpeg IMG_2248.jpeg
カテゴリー:作品集

好きなだけレッスン 

今月行われた好きなだけレッスンですが、しばらくお休みになります。
アトリエ移転準備の為レッスンは全て落ち着くまで再開できませんのでご了承ください。

先日作られたご希望作品は全く初心者向けではなかったのですが、受講にいらしたAさんがとても手慣れて
いらして、厚紙等材料の一部だけキットだったにも関わらず、持ち込みされたレオナルドダヴィンチ柄の
ペーパーも、手際よく製図され2時間以内で完成されました。

ブック式クリップボード

仕上がりはパーフェクトで非の打ちどころがありません。

材料 布クロスワイン   カシメ止めクリップ

ポケット付きで便利なデザインですが、ポケットを地券紙で作ったりする作業もあり、既習者でないとちょっと面倒かもしれません。

オープンスタイル
カテゴリー:作品集

ノート作りのレッスン

ステーショナリーに特化したレッスンはノート作りを基本とするとより一層重厚感のある作品づくりができます。バインダー作りとはちょっと違い、ハトロン紙や地券紙を芯材としてベースを作っていきます。

麻ワインのクロスとプリント紙アラベスクを使用して、デコラティブなイタリア製罫線ノートとお手持ちのネコ柄プリントと若草色の布クロスではアドレス帳が仕上がりました。
今回初めての挑戦のNさん、パーフェクトな仕上がりで見栄えも大変美しい!
罫線ノートとアドレス帳

ネコ柄のアドレス帳の中身はこんなです。

アドレス帳

罫線ノートは日本のA5サイズノートと同じ大きさ。

罫線ノート
カテゴリー:作品集