聖徳ワンデー作品

来年の大学レッスン用参考作品を作成してみました。

box


何の変哲もないオルゴールタイプの箱ですが、ふたを閉めた時にしっかり閉まるようハトメを使用して平ゴムを挟んで手帳のような方式にしました。

初心者向きの作品です。

布クロスは入荷したばかりのサーモンピンクのモアレのクロスを使用し、プリント紙はペイズリーローズです。このペーパーに合うサーモン系のクロスはスエード調クロスのサーモンカラーしかなかった為このモアレクロスの入荷でちょっと活躍の場が広がりました。

モアレクロスの使い心地はとても良く、仕上がりも品良く、それでいて極端に改まった感じもないのでお勧めです。



box 2 p


モアレのクロスの風合いはこのような感じです。箱の大きさはハガキが入るサイズで高さは3cmです。

moire
カテゴリー:primo corso講習作品集

付属材料 新色の丸ゴムなど

イタリー製の丸ゴム2mが新しく付属材料として加わりました。
近日中にショップアップ致します。文具用品に使用される硬めのしっかりした丸ゴムです。
日本製と比べて口径も太くなります。
色は 黒 赤 グリーン イエロー 紺 青 こげ茶

丸ゴム

平ゴムよりかなり強度があるので丈夫です。ハトメに通せる付属金具を使用することも可能です。


また長らく欠品していた人気の平ゴムカラー、ライトグリーンと青も入荷しました。

gomma

更にまだアップしていませんが、花布も全て新しいアソートになりました。今まで全6色でしたが今度は5色になります。カラーは端からこげ茶 紺 グリーン オレンジイエロー 赤 となりました。
日本製のツヤツヤしたいかにも化繊繊維の薄手のものと比べイタリー製はコットン製のしっかりした素材で上質感があります。

capitello
カテゴリー:材料の扱い方

夏季連続講習

お陰様で本日でまた今年の夏期講習が終了いたしました。
毎年お暑い中、とりわけ今年は猛暑の中アトリエ迄日々お越し頂き有難うございました。
無心で作品作りに取り組んで頂き、毎回ですが熱心にカルトナージュのいろいろなテクニックを学んでいただけ、大変嬉しく、また新しい何かワザがあればと今後の模索の励みになります。

夏期講習上級コースの作品

T.K.さんの作品。重たいものを置いてもびくともしない、ナプキンスタンド。A4コピー用紙置きとしてお勧めしています。

porta tovaglioro

型紙から作ってご自身でデザインするキャンディーボックス。和紙とのコンビネーションも課題です。

candy box

蓋を取ると内側はプリント紙で可愛らしくアレンジ。

senza coperchio

新しく入荷したばかりのジーンズクロスは使い勝手の良いしなやかさが作品に反映されました。
なんとも丈夫なバニティーバッグが出来ました。

vanity bag

手紐をはずすと、中が開きます。

aperto vanity

本日最終日に参加されたM.T.さんはメガネケースをエトロのインテリア布地で作られました。

porta  occhiagli

ハズキルーペがすっぽりおさまりました。

messo occhiagli
カテゴリー:terzo corso講習作品集

恒例の夏期講習

夏季連続講習中級の方の作品です。

丸背のアルバム作りは簡単そうですが、仕上げが予想外に大変です。F.A.さんの作品

album1

同じくY.F.さんのアルバム。薄手ノイルパピロのプリントペーパーでノリ付けが大変でしたがとても綺麗に仕上がりました。

album2

丸背部分の隙がないように表紙を合わせるのが大変な作業です。製図のミリ単位の誤差が仕上がりを左右します。

maruse

Y.F.さんの作品、ジャバラから作るかぶせ付きミニジャバラファイル。

mini porta documento

プリント紙とクロスのコンビネーション使いがおしゃれです。

mini jbara

恒例の夏期講習

初級レッスンを進めているY.T .さんの作品A3サイズのカルトレル。

A3 carterel

内側のポケットは片側だけにして、到着したばかりの輸入の丸ゴムを使用して、ハトメにはいる剣先をゴムに装着する新しい方法で仕上げました。

carterel interiore

同じく初級コースのF.K.さんはA6サイズのクリアーケースが5枚はいるポストカードサイズの回転式ケースを完成。通帳入れになさるそうです。

postcard case

F.K.さんの作品、ジャバラファイル。新しく入荷したカシミール柄のプリント紙を早速利用して頂き、布クロスカーキとの組み合わせがスッキリとモダンな仕上がりに。

porta documento

イタリー製タンニンなめしの革でタッセルも作り、ワンポイント飾りにしています。

tassel
カテゴリー:primo corso講習作品集

夏季連続講習

1日から恒例の夏期講習が始まりました。
遠方からお越しで、更にお仕事が多忙と、この時期だけしかご参加出来ない方もいらっしゃいますが、何年もかけて課題を終了されて講師資格を取得された方もいらっしゃいます。

今年も遠方からお越し頂き有難うございます。

以前学習院の生涯学習センターにお越しで今回初参加のY.H.さんは2日間でしっかり4点作品を完成されました。

既にお作りになった作品もあり、まずはアコーディオン写真立てから。
布クロスアックアグリーン プリント紙 アンティック ブルーゴールド
accordion frame

アコーディオン部分に写真やお気に入りのハガキなど両面テープで貼って飾ったり、保管したり出来ます。

in piedi

ペンダントスタイルの写真フレーム。ゴールドのフリンジを使用してタッセルも作ります。
ちょうど柱の幅の出来上がりサイズです。
pendant frame

イルパピロのブラウンカラーのマーブル紙とアックアグリーンのクロスのコーディネートがとてもシックなブック式写真たて。

book style frame

Y.H.さん最後の作品はA4バインダー。チューリップ柄のプリント紙にアザレアカラーのクロスのコーディネートが目を惹きつけます。とても素敵なカラーコーディネートです。

A4 binder

扉を開けるとイエローカラーのマーメイド紙が爽やか。


aperto
カテゴリー:primo corso講習作品集

香道のデモンストレーション

今年は米百俵のお話で有名な新潟県長岡市にあった長岡藩がこの地で開府してから今年で400年
というおめでたい年。
そこでボランティアで私もこの開府イベントのスタッフとして参加、お香のデモンストレーションを長岡市でおこなうことになりました。

kodo

出来上がったチラシを内容が分かるように半分ずつに区切って掲載します。
周辺地域にお住まいでご参加ご希望の方は是非ご参加下さい。

demonstration


御家流香道の宗家がお見えで簡単なお香の楽しみ方やマナーを教えてくださり、実際の体験希望者の方を募集しています。
無料ですので、ご興味のある方、日本の香りを是非体験してみたい方のご参加をお待ちしています。

聖徳ワンデー講座

本日は大学の夏季講座でワンデーレッスン 蓋つきの箱作りを行いました。
2枚の全く同じ厚紙を使用して蓋と身を製図して作りました。

全く始めての方もキットでの制作だった為綺麗に仕上がりました。

scatola

内側の紙は初心者でも貼りやすいようにマーメイド紙を使用しています。
綺麗なカラーが豊富なので柄に合わせてセレクトしやすいのが特徴です。

葛飾柴又の花火大会

毎年7月の第4火曜日は、葛飾柴又の花火が開催されます。市川側の矢切の渡しがある川沿いの河原ゴルフ場が解放されて、柴又と対岸の千葉側では皆のんびり芝生の上で寝転がりながら目の前、真上の花火を鑑賞。

対岸の金町側の土手はすごい人出でぎゅうぎゅう詰めです。

昨年講師資格をお取りになった方々の発案で、昨年から希望者数人とこの柴又花火鑑賞会を始めています。
矢切駅から30分少々かけて江戸川土手まで汗をかきながらダラダラと歩くので、ウオーキングが
耐えられる方でしたら是非どうぞ!

hanabi

花火のシャッターチャンスはなかなか難しく、相当数撮りましたが、数枚しかまともに撮れていません。

hanabi2

ピントがなかなか合いません。

hanabi3

たまや~~~。今年もまた新しい花火の発見。しばし美しさに見とれ今年も無事終了。

hanabi4
カテゴリー:イベント情報

新製品入荷 イタリー製クロス

先月末に買い付けしたイタリー商品が一部本日届きました。

新しいカラーの布クロスです。

幅が135cm〜140cmと広いので、その分価格も少々上がりますが今までにない色合いです。
なるべく早くショップアップしたいと思います。

とてもしっかりしたクロスのジーンズ布地クロス。
ジーンズでエレガントな趣向を凝らした小物も素敵です。

jeans

そしてヨーロッパ人が好きな若草色のクロス。意外とどんなものにも合いますがちょっと目に付いて、バッグの中の小物用には最適。

wakakusa

実際の色はもう少し濃い目ですが、カーキに白を混ぜたような色。こちらも植物の葉のカラーですから何にでも合う中間色です。

clear kaki

そしてこちらはモアレ布地のピンククロス。色はこの色ですが、モアレの繊細な柄を出そうとすると、この下の色にしか撮影が出来ないので同じ製品ですが、カラーと柄を別々に表示します。

moire

さすがに布地の国イタリーだけあって繊細なモアレ柄です。日本の製品とは大いに違います。是非お試しを。

fondo
カテゴリー:知っ得情報