新潟県長岡市で香道体験教室開催

ようやく朝晩涼風が届きほっとする毎日です。

今まで日本一の暑さだった熊谷を追い抜いて新潟県の長岡市が本年は暑さ一番となりましたが、その長岡で九月三十日に初心者を対象にした香道体験教室を開催致します。
2019年から長岡市で御家流香道教室を旧長岡藩藩主の牧野ご夫妻を顧問にいただいて開催していたのですが、コロナ禍でずっと休業。ようやく昨秋から再開したばかりです。

全く初めての方ばかりで、香道が何なのかわからないけれど,日本古来の香りをちょっとお試しで楽しんでみたい,という方対象に朝から3回お席を長岡グランドホテルに設けました。

今回は長岡市民の多くの方々に香道文化を知っていただくため、長岡市の市民活動応援補助金を申請したので、お香会の参加費もお一人一席1000円。各回香組内容が変わります。
そしてどなたでも楽しめるように椅子席なので正座の心配もないのが何よりです。

普段お香会の参加費は10000円以上かかるものなので、都内から新幹線で往復の電車賃を払って参加しても同じぐらいの費用。近隣からの参加者もいらして嬉しい限りです。

募集用のフライヤー

5月からこの会の市への申請申請の為にその準備が忙しく、何の縁故もない中での活動申請にはかなり困難がありました。
有難いことに毎月長岡で開催している香道教室の生徒さん方のご協力が得られもうあと少しで本番開催です。

まだ二席目と三席目は空いているお席があるので、この記事をご覧いただいた方々でご興味がおありでしたら是非ご参加お申し込み下さい。

会期 9/30(土) 一席目10:00から11: 30 二席目 13:00から14:30 三席目 15:00から16:30

会場 長岡グランドホテル (長岡駅より徒歩5分)
   3F 羽衣の間

参加費 一席 1000円

お申し込み先 kodonagaoka@ozzio.jp
カテゴリー:イベント情報

我が家もインバウンドお迎え 柴又帝釈

5年ぶりにイタリア在住時の息子のイタリア人同級生がオーストラリアから来訪。

小学生時代から家族付き合いをしており、日本のマンマでもあるのでわたしも息子達と一緒に川向こうの柴又帝釈天へご案内。暑さに負けないよう門前にあるゑびす屋で鰻重の昼食でスタミナをつけていざ帝釈天へ。

柴又帝釈天

正面のお寺の脇には大きな蓮の花と枝。

蓮の花

ガラスで覆われた見事な彫刻の本堂の外側を見学。

帝釈天の彫刻

そのまま帝釈天の中庭に続く建物に入り、ゆったりのんびり庭を眺めてぐるりと見学ができます。
以前パリ在住時の友人夫婦が来た時も帝釈天に案内しましたが、門前の商店街もこじんまりしていながら軽く見応えのある帝釈天に喜んでもらえました。

帝釈天中庭

9月からのアトリエレッスン 開催予定日

お盆休みになってしまいましたが、当店はひっそりと営業中です。

本年の暑さは異常のようで、さすがに私も夏負けしてしまい、うっかり外出しようものなら、頭がふらつく感じで少々怖さを感じます。来年からは8月は全面的にお休みしないとちょっと苦しいかなと思うこの頃です。

一体この先どこまで気温が上昇するのか不安としか言いようがありません。

9月から12月までのアトリエ カルトナージュレッスンスケジュールです。

9月2日(土) 10日(日) 20日(水) 21日(木)

10月7日(土) 8日(日) 18日(水) 19日(木)

11月11日(土) 12日(日) 29日(水) 30日(木)

12月2日(土) 3日(日) 13日(水) 14日(木)

香道のお稽古

今週も香道のお稽古がありました。
お家元のお稽古で深川のお寺で開催。

香道お点前



お道具

奉書紙に参加者のお名前とお答えを書いて、一番良い成績の方にお渡しします。同点の場合は席次が正客に近い順位のたかい方へ。
当日どんな香木を使用して、どのような参加者がいて、いつどこで、と記録に残り、何十年もたってから、故人をしのぶこともあります。

記録

葛飾柴又の花火大会

昨晩は葛飾柴又の花火大会。
江戸川を挟んで千葉県側には矢切の渡しがあり、市川市側は河原ゴルフの広々とした芝生。

7:20開始でしたが、少し前にゴルフ場にピクニックシートを敷いて,準備万端。
河原の風が涼しく汗も出ません。

柴又花火

対岸の葛飾区の土手はビッチリと人で埋め尽くされていますが、こちら側は川べりで広々目の前で花火鑑賞。
4年ぶりの花火で半端なく最初から力が入って見事な仕掛け花火全開でした。

花火

普段より300発も多く打ち上げられ、花火職人さんたちの力の籠った演出に拍手喝采でした。
気分もスッキリした夕べとなり、暑さに負けない毎日の活力を取り戻したかも。

本日のアトリエ カルトナージュ レッスン

本日は先日私が赴いたばかりの新潟よりS.N.さんがレッスンにいらしてくださいました。

先月オンラインでレッスンをしたばかりでしたが、対面レッスンは実に8ヶ月ぶりでした。

今日からレッスンやディプロマの取り方を変更した新しいスタイルのレッスンに変えて進めることにし、レッスン内容の順も変えています。布クロスピンクが、台紙のピンクとピッタリ。とてもキュートな仕上げになりました。

本日の作品は丸背アルバム。アルバムケースも作っています。
サイズは3種類あるので、その中から選んでいただきました。可愛いピンクの台紙の中ぐらいサイズの本格アルバムです。

日本のアルバムではほとんど見かけた事のない、写真を保護する硫酸紙付き。
大切な一枚一枚の写真を記念に残せる豪華なアルバムの完成です。

アルバム出来上がり

こんな感じで1ページごとに硫酸紙がついています。

硫酸紙付きアルバム

アルバムの表紙接着が乾くまで時間がかかるので、アルバムケース作りは後回しになりました。その為本日は完成せずに,またオンラインでの続きとなりました。

アルバムケース

アルバム乾燥中に、片面革で仕上げたスナップトレーを制作。スナップ装着用の道具の使い方も素早く習得されてあっという間に完成しました。リバーシブルで使用できるので内側のミントグリーンのスエード調クロスに外側が革の仕上げ。

スナップトレー

仕上げ方法は下の画像をご参考に。スナップがついているのが革で仕上げた物。
内側革のスナップトレー

スナップを止めれば内側が革の仕上げのトレーに変身します。

内側革仕上げのすなっぷとれー

集中して3個分の作品を作った本日、暑い中新幹線での往復。どうぞお疲れが出ませんように。

香道のお稽古

新潟県長岡市で2018年から開催している香道教室。
人気の先生を東京からお迎えして、季節にちなんだお香の香組で毎回個々にイメージを膨らませながら香木の香りを楽しんでいます。

私は運営企画をしながら,アシスタントを務め、口が回れば手が動かず、気を回しても手が動かずと画像撮影の余裕なく、3年ぶりの本年教室再開後,今回やっと二回目の少しだけまともな写真が撮れました。

旧暦の七夕は8月7日,そこで今月は七夕香がお題です。

お道具はカルトナージュで作成したオーキッド柄の香道具で夏らしい雰囲気。打敷も七夕の空を思い描ける和紙の手作り。
輪島塗の立派な誂えの蒔絵のお道具でなくても,これだったら気軽に香道が楽しめます。

香道具

数人生徒さんも増えて、まるで七夕飾りと夜空を眺めている雰囲気を想像しながら、香りを順に聞いていきます。

香道体験

先生手作りの短冊をお持ちくださり、お稽古に花を添えていただきます。終了後には各自願いを書いて飾れるようお持ち帰り。先生のお心配りに感謝です。

短冊

七夕香の証歌
こひこひて逢ふ夜は今宵天の川 霧たちわたり明けすもあらなむ(古今和歌集 よみ人知らず)

七夕香の証歌

茶道のお稽古

月に一から二回茶道のお稽古を続けています。
非日常が楽しくて出かけるのですが、何度やっても覚えないので自分でも呆れてしまいます。

ご一緒に習っている中国人のご夫人から 「毎日家で復習しないと、」と言われて、当たり前のことですがはっとしてしまいました。
お茶のお稽古は準備も大変なので家でやると言っても,なかなか大変。お道具が小さなお香のようにはいきません。


今日のお軸は涼しげ。「清風起」こる。
清風がそよそよ起こり、竹の葉がさらさらと風に揺れるさまを水墨画で描いています。

お軸

夏になると桑小卓は涼しげで、蓋置も栄螺(サザエ)を使用します。
茶入れは四滴のうちの一つ。

広い書院でお庭を眺めながらのお茶のお稽古、ゆったり時間が流れていきます。

桑小卓

前回のお稽古では茶入れは一般的なお棗を使用しました。

桑小卓の飾り

アトリエカルトナージュレッスン 

先月からレッスンを始められたyばかりのY.N.さん。
先月作られたのは三穴写真立て
はじめてのウレタンボールの扱いもスイスイと無理なくこなされ美しく仕上がり。

マーブル紙三穴写真立て

そして本日7月のレッスンはブック式写真立て
可愛い和紙はお手持ちのものでそれに合わせて当店の山吹色クロスのコーデで一層チャーミングな写真立てになりました。

ブック式写真立て

飾っておけば閉じることはありませんが、お友達に差し上げる際にはすっきりした長方形になりギフトにもなります。

写真立て ブックスタイル

ブックスタイルの写真立てを一つ習得すれば他にもあるハート形のブック式写真立てのつくり方も同じなので、応用がききます。
カテゴリー:primo corso講習作品集

ワイン用ノートと写真立て

大学の秋の講座用にサンプル作りをしました。

ステーショナリーを中心に作る事にしたので,ノートやシステム手帳、写真立てなどにしぼりました。
秋の講座なので翌年用に使用できるようシステム手帳も作ります。

ノートとシステム手帳

サンプル用のノートはワインノートにして、表紙作りとブックケースを作ります。
このノートはワイン好きにはたまらない記載項目があり、ラベルも貼れるようになっています。
イタリー語と英語表記なのでグローバルにわかりやすくなっています。

ケースには使用したプリント柄の一部を切り抜いて貼っておけば一層おしゃれな仕上がりです。

ワインノートとブックケース

ノートは中身をイタリーから輸入しているので、少々マニアックなノートになりますが、旅行ノートやら記憶に留めるギフトやりとりノート、レシピノート、一年の作業のガーデンノートなどがあります。シンプルなイタリアン装飾の罫線ノートもあります。


そして同色の若草色のクロスとアンティックフィレンツエブルーのプリント紙で,縦横併用の写真立てを作りました♪

写真立て
カテゴリー:primo corso講習作品集