カルトナージュレッスン 7月〜12月までのカルタフィオッコレッスン

以下の通り2019年度7月〜12月迄のカルタフィオッコ主催レッスンスケジュールをお知らせいたします。
アトリエレッスン

8月は例年通り4日間で初級コースを修了するインテンシブレッスンを開催致します。
ご興味のある方は是非ご参加、ご連絡下さい。

7月
24日(水)スキルアップ講習
27日(土)
28日(日)⇒21日(日)に変更
31日(水)

8月

アトリエレッスン受講者も申し込み可能です。

1日(木) 夏季インテンシブ講座
2日(金) 夏季インテンシブ講座
3日(土) 夏季インテンシブ講座
4日(日) 夏季インテンシブ講座

9月
5日(木)
7日(土)
8日(日)
25日(水)

10月
5日
6日
30日
31日

11月
9日(土)
10日(日)
27日(水)
28日(木)

12月
14日(土)
15日(日)
18日(水)
19日(木)

渋谷西武サンイデーレッスン

8月
8日(木)
10日(土) ワンデーレッスン

9月
12日(木)

10月
10日(木)
12日(土)ワンデーレッスン

11月
14日(木)

12月
12日(木)
14日(土) ワンデーレッスン

聖徳大学SOA講座

8月19日月) ワンデー講座A

9月2日((月) ワンデー講座B

定期講座

10月
7日(月)
21日(月)

11月
11日(月)
25日(月)

布仕上げのミニトレー (アトリエ仕立て)

試作した円形厚紙のミニトレーを、ウレタンを使用したアトリエ仕立てで、シルクの帯地を使用して作ってみました。
内側はシルクのモアレ布クロスを使用、仕上げにはゴールドのブレード(衣料用)をアレンジしました。

少し手間をかけ、作り方が違うだけで仕上がりも全く違います。

Mini tray

裏側に返してみると、シルク製のピンクのトレーは縫ったような仕上げに見えますが、布紙用ボンドで仕上げて布地同士をしっかりつなぎ合わせると、このようになります。

Finissage


このトレー、可愛くてすっかりはまっています。
カテゴリー:材料の扱い方

円形厚紙でミニトレー

ご近所の店舗の方から品物を入れる小さなトレーを沢山ご自分で作りたいというリクエストがあり、早速考えてみました。
当店で扱う円形くりぬき厚紙を使用すれば意外と簡単。
製図をして作ってみました。条件はお手持ちの布を使うとの事。

布を裏打ちしてトレーに立ち上げた円形厚紙に貼付して、布クロスでバイアストリミング。

底辺は8僉8僂箸いΔわいい大きさ。

svuotatasca

円形厚紙は直径15のものを使用しました。アトリエレッスンで作るとウレタンを各辺に入れてふくらみをつけますが、兎も角早くできることが目的とのこと。確かに簡単仕上げもどんどん作れて楽しいですね。

Carta tonda
カテゴリー:材料の扱い方

お香道具

お香のお道具のオーダーをいただきました。
これから盛夏に向けて、お香の会が何回か開催されます。
大寄せになるので、普段のお道具だけでは賄えず、予備のお道具も必要になってきます。

今回のオーダーは大寄せの際にお答えを皆様から回収する際に必要な手記録盆。
懐紙を折ったものが入る小さなものです。

手記録盆

お香でよく使う源氏香という図柄の入った和紙を使用して銀色、金色と2色の異なるカラーで作成してみました。仕上げは何度も水平定規で水平を確かめてから、一辺ずつ樹脂を重ねていきます。
埃がつくといけないのでこの作業時は他のことが何もできなくなります。

記録紙

上記のように、懐紙を1/4に折りたたんで、頭の方をさらに折り込んだものをこの小さなお盆に入れて使用します。
お香のお道具はとても可愛らしいので、作る方も何か楽しくなります。

人間国宝の友禅作家

着物は着るのも見るのも大好きです。
艶やかな色や繊細な技法、何よりも洗練された美しいものを見るとストレス解消にもなります。

海外に住んでいた時、現地の友人の結婚式に招かれ着物を着ていると、花嫁さんに申し訳ないぐらい招待客に囲まれてしまった経験があります。

加賀友禅の着物は、とっても華やか。若い方が着ると目を見張ります。

加賀友禅

加賀の花嫁は嫁ぐ前に必ずのれんを作るのだとか、素敵な習慣ですね。
下がその「花嫁のれん」

加賀のれん
加賀のれん


最後は京友禅の作品。すっかり目を肥やしてストレス解消です。

京友禅

CDバインダー

先日ギフトコレクションでお客様にCDバインダーをお買い上げ頂いたのですが、マーブル紙で表紙を作ってみました。

cdbinder

シックな仕上がりになり、やはりマーブル紙は豪華ですね。写真でははっきり見えませんが、ベージュ系カラー部分は全体的にゴールドが入っています。
カラーファイルを10枚入れて販売していますが、埃が入らないようにケースもあると親切そうです。
が実際にはケースがあると使いにくいですね。

Open

下は真正面上から見た感じです。

Coperchio
カテゴリー:primo corso講習作品集

ティッシュボックス小型

少し幅の狭いティッシュボックスをアトリエの浴室に合わせて作ってみました。
ティッシュの他に手拭き用のペーパータオルを平常作っている横長のティッシュボックスに入れて置いてあるのでスペースがなくなり、切実な問題でした。

これで解決。


Thissu box media

プリント紙を使用せず、組み合わせてみたかった若草色とブルーキアーロのコンビで作りました。アクセントに偶然イタリーで過去に購入した細見のステッチりぼんがあり、カラーも若草色とぴったりだったので布紙用ボンドで装着しました。

ティッシュの落し蓋には、丁度楕円のブック式写真立ての型がぴったりだったので綺麗に仕上がりました。紙のホコリがかかっても水拭きができるように落し蓋はレザークロスで。
箱の内側もレザークロスです。

Interiore

若草色のクロスは想像以上にいろいろな組み合わせに合うので、生徒さんにも現在とても人気です。ボックスの箱の幅は大きいティッシュボックスと同じで高さが少し高くなります。
カテゴリー:primo corso講習作品集

ギフト用のフレーム(il papiro)

ギフト用の商品の新作が少なく、横型のフォトフレームを作りました。

Photo frame

麻のグリーンの布クロスとフィレンツェのイルパピロのマーブル紙を合わせてみました。

dietro

フレームの台紙は以前イタリーから取り寄せ、在庫がたくさんあるわけではなかったので販売しておりませんでした。ウレタンボールを芯材として使い、立体感を出しています。

正面から見るとフレームはこのような感じです。中に入る写真サイズは高さ11cm幅15,5cm
サービスサイズ、ポストカードサイズの写真が入ります。

Fronto

ちょっと遊んで同柄のエンピツ、新色ピンククロスのエンピツも作ってみました。

Matite
カテゴリー:知っ得情報

カルトナージュ アトリエレッスン

本日はM.T.さんの作品のご紹介。
完成してお持ち帰りいただけたのはカルトレルだけにとどまりましたが、普段とは違うゴム留め方法で仕上げて頂きました。

A3サイズなので結構大きく、それでいてご自身でクロスの貼付幅や背の厚み部分、デザインを決めていただくので、思考時間もありちょっと時間がかかります。

レシピ通りにカットして作るのではないので、今まで考えなかったことまで気にして製図を仕上げて行きます。ちょっと勉強になりますし、ご自身で新しいサイズ違いを作る冒険も目覚めます。

Carterel

材料 布クロス 麻グリーン    プリント紙 森のフルーツとねずみ  丸ゴムイエロー   マーメイド紙   丸ゴム用金具


扉を開いた内側は、片方だけポケットを付けて、そのポケットもマチ付きになさいました。
凝った作りです。できたものをみるとあたりまえのようですが、ご自分で作るとなるとマチづくりも意外と面倒。

aperto

今回ファイル留めのゴムをイタリーから輸入した丸ゴムで仕上げました。ヒラゴムよりもかなり強度があり、ヘタれないので安心できます。

取り付けも普段でしたらハトメに差し込んで、一緒にゴムも打ち込んでしまうのですが、簡単に交換ができるよう、ゴムの先端にこれも輸入の金具を付けました。

丸ゴムもこの金具も輸入していながら、長いことショップにアップすることをウッカリ忘れてしまいました。

以下が丸ゴム及びゴム先端につける金具フェルマエラスティコです。

先留め金具


Elastico tondo
カテゴリー:primo corso講習作品集

カルトナージュアトリエレッスン 5月

毎月月末はアトリエレッスンになりますが、5月は何かとイベントも多く忙しかったせいかずいぶん時間がたったような気がします。

初級コースで作るジャバラファイル

イタリーから直輸入のこのジャバラファイルはフランス製やドイツ製とは違い、ともかく丈夫で長持ち。表の装飾が壊れても中身はご安泰で10年以上は軽く使用できます。

R.H.さんの作品ですが、プリント紙は和紙にシルバーのエンボス加工。クロスはイタリー製のスエード調クロスととても豪華な雰囲気です。

更に服飾用のシルバーのブレードをあしらい、革のタッセルを装着予定が雰囲気が合わないのでこのままで。

Porta documenti

当店でも販売しているイタリー製クロスと同素材のクリーム色を使用して仕上げてあるジャバラファイルですが、頑強で中のファイルがパンパンになるほど私は使用していましたが壊れない! 当店で輸入しているイタリー製クロスで作品を仕上げると丈夫で壊れないのも改めて頷けます。

Interno


習いにいらして毎月一回、とてものんびりお作りになっていたのですが、およそ2年ほどたちそろそろ終了に近づいた上級コースのY.F.さんの作品楕円の箱二種。

同サイズの楕円を使用したミニ箱と蓋と身を違うサイズにした中サイズの楕円箱。


Scatole ovale

楕円用にカットしてある細幅厚紙1mm厚を使用して仕上げていきます。

作品タイトルはイングリッシュスタイルの楕円箱ですが、土台の厚紙の構成方法がイングリッシュスタイルに仕上げてあります。

Aperto
カテゴリー:primo corso講習作品集