5月から始まる渋谷西武 レザーカルトナージュレッスン

かつてハンドバッグデザイナーでもあり、職人の先生にまで師事してハンドバッグをつくっていた経験を生かして、とうとうカルトナージュを皮で制作することに。

遠い昔の経験が今また再び役に立つとは…。

まずは回転式のカードケースを革で作ってみました。おまけで皮のタッセルも。


card case in pelle

私が大学生の頃、まだ、今のようにおしゃれなバッグがなく、アンアンとかノンノとかのファッション雑誌も創刊されていませんでした。
ただ、6歳年上の姉が当時おしゃれ好きで、フランスから週刊誌のELLEを航空便で取り寄せていたこともあり、ヨーロッパ、とりわけパリで流行している当時既にあったポシェットなどのおしゃれなバッグに憧れていました。

そこで、日本におしゃれなバッグがないなら自分で作ればよい、と単純に考えて講習や先生を一人で探し始めました。そのうちハンドバッグ専用のミシンと革漉き機があればなんとかなる、とハンドバッグ専門のミシン屋さんで機械を購入したところ、今でも師と仰ぐ職人気質の先生をミシン屋さんに紹介され、お弟子さんは取らないとおっしゃるのに強引に師事させていただくことに。そこで教わったことが今のカルトナージュ制作に大いに生かされていて先生には感謝の限りです。
当時先生は現在もフランス製本ルリユール第一人者の栃折久美子さんと交流があり、製本用の機械もご自分で作られていました。何でもお作りになり、銅板を腐食させて自分のネームプレーを作ったり、皮以外のことも数多く教わりました。

まさか私も製本をかじるとは思いもよりませんでした。
今から40年以上も昔の話です。

2月〜7月までのカルタフィオッコ主催カルトナージュレッスン

2018年度2月〜7月迄のカルトナージュレッスンスケジュール


アトリエレッスン

2月
24日(土)満席
25日(日) PMのみ1名
28日(水)満席

3月
1日(木)満席
14日(水)満席
24日(土)満席
28日(水)
29日(木)

4月
1日(日)1名残席
21日(土)
25日(水)
26日(木)
29日(日)

5月
3日(木)
4日(金)
5日(土)
13日(日)
16日(水)
17日(木)

6月
6日(水)
7日(木)
10日(日)
16日(土)

7月
18日(水)
19日(木)
21日(土)
22日(日)

渋谷西武レッスン
3月
8日(木)

4月
12日(木)
14日(土) ワンデーレッスン

5月
10日(木) AM イタリアンカルトナージュ PM レザーカルトナージュ

6月
9日(土)ワンデーレッスン
14日(木)AM イタリアンカルトナージュ PM レザーカルトナージュ

7月
12日(木) AM イタリアンカルトナージュ PM レザーカルトナージュ

聖徳大学
冬季講座
2月
26日(月)

3月
5日(月)
19日(月)
26日(月)

春講座 現在受付中
4月
23日(月) ワンデーレッスン

5月
7日(月) ワンデーレッスン
21日(月)

6月
4日(月)
18日(月)

7月
2日(月)

臨時休業のお知らせ

image


来たる2月20日21日と急用のためネットショップを臨時休業とさせて頂きます。

21日(水)の発送日の業務が滞りますので来週は19日月曜日・22日木曜日発送のみとなりますので、商品購入ご予定の方はどうぞ宜しくご了承下さい。


image
カテゴリー:知っ得情報

2月の渋谷西武レッスン

今週は木曜日と土曜日の渋谷西武レッスン。

木曜日完成されたのはミニティッシュボックス。寒かったり、インフルエンザなどで参加者の少ないレッスンでしたが、本日のワンデーワークショップは盛況のうち終了致しました。

mini tissubox

糸のカラーや角裂など細かい配色を選んで作る和綴じ本ですが、表紙を普通は和紙を使用するところをイタリー製の布クロスを使用して華やかに致しました。

watoji style European

それぞれの個性溢れる作品を写真に納めることが出来ました。

2月のアトリエレッスン

12月に始められたばかりのA.K.さんはもうあと少しで初級終了です。

イタリア製のジャバラファイルを使用して仕分けファイルが完成。
プリント紙は最近人気のイルパピロの小鳥柄 朱色。布クロス麻ベージュをコーディネート。
温かみのある組み合わせとなりました。
タンニン鞣しのイタリー製革でタッセルを作って立派に完成です。

porta documento

タッセルは昨年秋から販売している飾りかしめ マーガレットのアンティックカラーで装着しています。

vite decorata

プリモコルソ終盤で行うウレタン付きトレーのサンプルを作ってみました。以前あったサンプルは販売してしまった為新しく作ることに。これもご要望があるといづれお別れです。

bassoio tascabile

トレーの口周りのトリミングにする布クロスの幅を以前より5mm大きくして作成してみました。
以前は細すぎて作り辛かった様子でしたが、少し太くするだけで多分制作が楽になるのではないかと思います。
底にもウレタンが入っています。こうすることにより摩擦が少なくなりあまり汚れないので驚きです。


rovesciato
カテゴリー:primo corso講習作品集

2月のアトリエレッスン

先週行ったアトリエレッスンですが、セコンドコルソの課題、A4サイズのファイルケースと折りたたみ式ダストボックスをN.T.さんがお作りになりました。


人気の千鳥格子柄のプリント紙とワインの布クロスを合わせて、はと目でゴム止めの仕上げ。
黒の千鳥格子と麻のワインカラーがしっくりと、大人の雰囲気になりました。

A4size file case

中を開ければ、書類が落ちることがないよう3辺の蓋付き。

open

同じくN.T.さんの作品 折りたたみ式ダストボックス。こちらも麻のナチュラルのクロスを使用し、アトリエでキープしてあったラベンダーのプリント紙とのコーディネート。ナチュラルで素敵な組み合わせになりました。


他の生徒さんもこのプリント紙をご購入されるぐらい刺激的なコーディネートでした。


dust box

折りたたむとこのように。内側はレザークロスアイボリーミックスを使用。

piegato

二月のアトリエレッスン

2月のレッスンはテルツォコルソ終了に近づいているA.I.さんの作品からのご紹介。
和紙をベースに貼って装飾を施すキャンディーボックスは型紙を作って製図します。

candy box

マーブル紙を上手にレイアウトしてちょっと和風にも見えるおしゃれな仕上がりです。

openbox

内側もマーブル紙でしあげていて、綺麗に仕上がりました。

mini box

グレーの千鳥格子プリントペーパーとローズのクロスとのコンビネーションがピッタリのミニバニティーバッグ。とても美しい仕上がりです。

inside

手紐のボタンを外すと口が開きます。ハトロン紙を利用した作り方ですが、カーブを作成したり作業が細かいので仕上げがなかなか難しい作品ですがとてもよく出来ました。
カテゴリー:terzo corso講習作品集

1月の最終アトリエレッスン

本日で一月のアトリエレッスンは終了です。

今回完成した中級のセコンドコルソと上級のテルツォコルソ作品をご紹介します。

今週も再度仙台からお越しのK.M.さん。前回からの続きのかぶせ付きジャバラファイルを完成。イルパピロの手摺版カーネーション柄サックスカラーが春の雰囲気で、気分も明るくなります。

porta documento

同じくK.M.さんの作品は左のつめ付きお道具箱。右はF.A.さんのお道具箱。布クロスの色とプリント紙の色が違うと、出来上がりイメージもすっかり変わります。

scatola per utensile

ふたを開ければこの通り。どちらも見事にきれいに完成いたしました。
麻クロスベージュ  プリント紙 小紋柄  布クロス アックアグリーン  プリント紙 アンティック

aperta scatola

お一人テルツォコルソに堂々進まれたA.S.さん。昨年の8月の夏期講習からおはじめになって、後僅かで終了です。

今回は新しく入荷したゴールド色がまばゆいリバティープリントで二種類のイングリッシュスタイルのだ円ボックスを完成。豪華な仕上がりです。

イングリッシュスタイルとは、だ円の箱を作る工程がイギリスで作成する円や楕円の箱の仕立て方であることを示しています。

ovale

ちょっとお地味なきなり麻のクロスに、紺のブレードを巻いて益々華やかな仕上がりになりました。今回もご一緒された方たちから華やかなカラーコーディネートを絶賛されて、皆様の刺激になっていらっしゃいます。

con coperchio

1月のアトリエレッスン

先週のレッスンと昨日・本日のレッスンで初級のプリモコルソの作品を仕上げられた作品のご紹介です。

前回ご紹介したA.S.さんと同じく月に三回以上ご熱心に集中してレッスンを受講されるA.K.さんが完成されたA3サイズのカルトレル。

ライトグレー千鳥格子柄の組み合わせがさわやかで素敵です。

A3size carterel

クロスやプリントペーパーなどの残りを保管するのに便利に使えるよう、内側両方の面にポケットを作りました。

ピンクの厚手マーメイド紙で丈夫なポケットを両側につけたのですが、薄桜色のこのマーメード紙が魅力的で気を取られ、閉じゴム装着を忘れてしまい、手堅く平紐で蝶結びにして何とか切り抜けました。


carterel



photo frame


今まで聖徳で少しずつ地道にレッスンをなさってきたK.K.さん。本日はじめてアトリエレッスンを受講され、最初の課題の3穴写真立てとアコーディオン写真立てをとても手際よく完成。

イルパピロのお買い得マーブル紙と麻の布クロス青・こげ茶をコーディネートさせ立派な仕上がりです。


accordion photo frame

カルトレルを作成したA.K.さんの作品。回転式カードケースA6サイズは、水拭きできる撥水加工のフランス製ジャガード布地をアクセントに、ウレタンボールを駆使してふっくら感装飾をしたA6サイズの作品写真ケース。

厚みもデザインもすべてご自身で割り出すノート作りの応用編。ちょっと大変でしたが立派に製図でき見事に完成。

card file

前回バインダーを終了され、クリップボードA4とA5の2サイズをそれぞれ違う方法で作成したY.F.さん。一番小さいサイズA6の宿題、頑張ってください。

clip board
カテゴリー:primo corso講習作品集

1月のアトリエレッスン

お寒い中仙台からいらして下ったK.M.さんは赤のゆり柄のペーパー布クロスローズを使用して、イタリー直輸入の丸背仕立てのアルバムを完成。グログランリボンで小口を止められるように、おしゃれな仕上がりです。

album

中を開ければ硫酸紙付きで、レイアウトして貼った写真が傷まないよう、工夫されたイタリーのアルバムです。もともと写真は西洋から輸入されて来たものですが、彼の地にはそれなりの古くからの写真を大事に保管する伝統が、アルバムひとつにも丁寧に活かされていることがすばらしいといつも感じます。

interiore

月にニ回以上レッスンを受講されるA.S.さんは精力的に作品作りをなさってくださいます。色合わせのセンスの良さで、いつも皆をあっと言わせ、完成すると拍手がおこるほど。本日はパスポートケースを布クロス空色とマーブル紙を利用して作られました。

porta passaporto

扉を開けるとイルパピロのマーブル紙がとても美しい!

aperto

同じくA.S.さんの作品。革製のスナップトレー。フラットになるので旅行の際にアクセサリーをちょっと置いておくのに重宝します。

スナップの装着方法はこのブログの道具の使い方の中に詳しい使用方法が掲載されていますのでご参考になさってください。

porta joillero

スエード調クロスとのリバーシブル仕立てなのでお好みで好きな素材の方を。

個人的にはこの色合い大好きです。非常に古典的な色の組み合わせで、お相撲の行司さんの袴にこの薄いサックスが使用され、飾り紐にこのオレンジカラーが組み合わされる装束を思い出します。

riverso