イベント情報

京都でギフトショー

本日と明日2日間東京で例年行なっているギフトショーの初めての京都バージョンが催され早速行ってきました。

Gift show in Kyoto

平安神宮そばの疎水分水をのんびり歩いて行ったものの、会場外までの行列で1時間待ち。

Fiume

会場が狭く、ごった返していました。京都ブランドに期待しましたが、外人目当てのお土産物風が多いのでいささかがっかり。

Ingresso

北斎展 at 六本木ヒルズ

気になっていた六本木ヒルズでの北斎展に行って参りました。

長蛇の列ですが前売り券があれば以外とスイスイ。上野の顔真卿の展示のあの長蛇の列はお昼過ぎてもひどくなるばかりでしたが、こちらはお昼頃に行けばすでに列もなく難なく入場出来ます。


北斎展

479点という膨大なコレクション展示は圧巻。北斎漫画の展示も数多く、十二分に楽しめます。
下の写真は北斎直筆の書簡。本人の似顔絵と娘のお栄の似顔絵付き。
北斎が亡くなった際、お栄が門人にその死亡通知を送った書簡もあります。

Lettera

島根県立美術館に収蔵されている永田コレクションからの展示が圧倒的に多く、パリのギメ美術館からの出展もあります。

個人的には北斎の晩年の作品が印象に残り、カタログから抜粋しています。やさしい色合いで北斎の従来のイメージとは違います。

Dipinto


Evantaglio



Dipinto Hokusai

下は晩年の作品ではありませんが、1800年代の北斎が生きた時代の風俗を描いた作品も多いなかで気になったのが「茶筅売り」茶道で使う茶筅がこんな風に販売されていたのが面白く、印象に残りました。

Chasenuri

これも中期の作品ですが源氏カルタ。お香で使用する源氏香の柄がカルタにも記載されていて、お香大好き人間のわたしの目に飛び込んできました。

Genji carta

ディプロマ取得事前講義

diploma

本日は今年度ディプロマ取得される方々の試験前事前講義を行いました。
今までの講習の総復習で、カルタフィオッコで学ぶテクニックや知識を網羅したオリジナルテキストを使用しての講義です。
厚紙や芯材の扱い方法とそのテクニック、計算式や、デザインの黄金比、紙についてのかなり専門的な基礎知識、ご自身が直接紙問屋などで注文するのに必要な知識なども含め3時間ほどの講義となってしまいました。

実際に芯材などは今後ステップアップする際に使用する素材など触っていただいたり、見ていただいたり、今まで作成した作品も見ながら材料やテクニックを改めて復習していただきました。

来週は筆記試験と実技。どのような作品が仕上がるか楽しみです。
イタリーでオーダーしたディプロマ用紙にはこれからカリグラフィーギルドの先生に筆耕をお願いして、イタリック体で記名していただきます。

葛飾柴又の花火大会

毎年7月の第4火曜日は、葛飾柴又の花火が開催されます。市川側の矢切の渡しがある川沿いの河原ゴルフ場が解放されて、柴又と対岸の千葉側では皆のんびり芝生の上で寝転がりながら目の前、真上の花火を鑑賞。

対岸の金町側の土手はすごい人出でぎゅうぎゅう詰めです。

昨年講師資格をお取りになった方々の発案で、昨年から希望者数人とこの柴又花火鑑賞会を始めています。
矢切駅から30分少々かけて江戸川土手まで汗をかきながらダラダラと歩くので、ウオーキングが
耐えられる方でしたら是非どうぞ!

hanabi

花火のシャッターチャンスはなかなか難しく、相当数撮りましたが、数枚しかまともに撮れていません。

hanabi2

ピントがなかなか合いません。

hanabi3

たまや~~~。今年もまた新しい花火の発見。しばし美しさに見とれ今年も無事終了。

hanabi4

2018年元旦 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

new year sun rise

本日近くの江戸川での初日の出 およそ6時58分頃でした。
市川から江戸川を渡って、新柴又近くの江戸川土手からの初日の出です。このあと柴又帝釈天でお参りして高木屋のお団子を手土産に。

taishakuten


takagiya

ディプロマ授与 その2

昨日閑静な丸の内の一角、ちょうど雨も上がったころ、ディプロマ授与無事に修了致しました。

restaurant

レストランのサービスで今回もイタリア語でおめでとうAuguriのお祝いプレート。

auguri

毎回ではありますが、デザート前に記念撮影サービスもして頂き、記念のお写真もその場でいただきました。

ensembrre

渋谷西武 サンイデー 文化祭 参加

10月31日(火)から11月13日(月)迄、文化の日にちなんで行われる恒例のサンイデーイベント、サンイデー文化祭に今年も出品致します。

本年度は講師のみの作品販売で、レジ横の中央販売スペースが会場になります。
昨年よりはこじんまりした感じになります。

商品展示スペースも限られておりますが、イタリー製プリント紙や布クロスの販売も行う予定です。

昨年はステーショナリー系の作品を展示販売しましたが、本年度は他の講師の方々でもご使用いただけるよう、ソーイングボックスタイプの収納ボックスをテーマに、小さいものから大きめのもの迄作って行く予定です。

今日は一点完成したので、早々とお披露目です。


何でもない蓋つきの箱を赤のペッカリー型押スエード調クロスお裁縫柄のプリント紙で作って見ました。蓋にはウレタンボールを入れてふっくら感を出しています。
box

蓋つきの箱の中に収納仕分けが出来るように、キットでも販売している回転式ミニボックスを2点とまだレシピが完全にできていない薄型の回転式ミニボックスを入れて、オープン式の蓋なしトレーを2点入れてあります。
minibox in

これで、仕分けできるかな?ビーズ作業にも対応できるよう、上に薄型トレーでも置いた方が良いか検討中。

テディーベア コンベンション

昨日今日と行われているテディーベアコンベンション。
アトリエの生徒さんからいつもご招待を頂きながら、なかなか伺えませんでしたが昨日はじめて見学に行くことが出来ました。

会場は満杯で熱気でムンムン。愛好家の多さを感じます。

午後に伺ったので、だいぶ作品は売れてしまっていました。彼女の作品は布地部分も草木染めでご自身で染め上げてからお作りになると言う手の込んだ作品です。

teddy varie

もうそれはそれはたくさんのクマさんたちがいましたが、作り手のお人柄が作品に現れ、顔立ちも千差万別。贔屓目で見ているわけではありませんが、彼女の作られたクマさんの顔立ちが一番優しくてほんわかとしたぬいぐるみらしさを感じました。

contest

コンテストに出品された可愛い作品。色もやさしいですね。

BEARY HEARTさんで、アトリエもお持ちで、講習会もなさっています。


伺ったお礼にと、お出かけになられた海外の各地で撮影されたテディーベアとの観光写真が入ったオリジナルキットカットを頂戴致しました。有難うございました。

kitcut original

ブログでのネット講習

何かと制作などに追われブログ掲載が滞りました。
月初めにお知らせ致しました、キャンディートレーのネット講習の準備がようやく整いましたので
お知らせいたします。

明後日4/26〜5/2までの間の限定でこのブログ内で写真による作り方解説を掲載いたします。
ご覧頂いてご興味がおありでしたら作り方付きキットをご購入頂けたら幸いです。

キットは限定20セットで27日より販売致します。ネコポス配送ができる大きさにまとまりましたので送料は420円で全国発送できるようにいたしました。

サンプルを作って見ましたが、実際にキットでご用意した布地はローズ系はソレアード布地ではなくリバティーの布地にいたしました。また空色のソレアード布地には下のサンプルでは麻の青を使用しましたが、作りやすさを考えて空色のクロスに変更いたしました。
candy tray

厚紙・ウレタンボールセットの他にピンク系はリバティーの布地➕布クロス➕パイピング・ブルー系はソレアードの布地➕布クロス➕パイピングをご用意いたしました。ハート型の厚紙とウレタンボールのセットはご自分で製図してカットして頂くものと、既にこちらでカットしてご用意したもの2種をご用意いたしました。

stoffa

ピンク系のリバティー布地にはローズの布クロス、そして空色のソレアードの布地には空色の布クロスをコーディネートさせています。
assortimento


パイピングは空色には白色のもの、ローズにはピンク色を合わせてキットにしてあります。
piping

このキットの販売は売り切れ次第終了にて、今後のリピート製造はございませんのでご了承ください。

国画会会員の作品展示会

本日最終日だったのですが、国画会会員の画家の友人が出品しているとのことで、松戸伊勢丹アートスポットに行って参りました。

いつも小さな作品展示でパッとした印象がなかった会場ですが、今回の様に大きなサイズの油絵がこの会場に入ると、会場が豪華に見えるとは不思議です。

芸術品の展示というのはなかなか難しいものがあることを、今更ですが理解致しました。

友人の作家さんとその作品。東欧に旅された時の景色を描かれたそうです。
Mme T


pittura a olio




pittura 2


毎年六本木の新国立美術館で行われる国展にも皆様出品されるそうです。
ご興味のある方は是非!

kokuten