イベント情報

聖徳SOAカルトナージュ講座 中止のお知らせ

数日前、聖徳のワンデー講座の募集が始まったばかりというお知らせをしたばかりだったのにワンデー講座のみならず、これからレッスン内容をご紹介しようと思っていた4回の定期講座も中止になってしまいました。

変異株も猛威をふるい皆様方確かにご心配なことと思います。

アトリエの5月の連休集中講座のプログラムも作成したところですが、現在の感染状況を踏まえると各回2人までの予定でしたが、お一人づつになる可能性もありそうな気がいたします。

ようやく本格的な春の訪れ、桜を愛でてこれから新緑が眩しくなっていきます。


庭の枝垂れ桜がようやく満開
枝垂れ桜

菩提寺の中庭の青もみじ。秋は紅く春は緑と年に2回目を楽しませてくれます。
青紅葉

1月のワンデーレッスン 12/20より募集受付

一月開催するワンデーレッスンのお知らせです。


聖徳大学生涯学習課SOA公開講座にて、イタリアンカルトナージュの基本中の基本となるノート作りのワンデー講座を開催いたします。

開催日 2022年1月24日(月)

時間  10:00〜12:00

講習料 3600円(材料費込み)

お申込み 12月20日〜受付
     聖徳大学生涯学習課に直接ご連絡ください。


イタリア製の糸綴じ製本されたノートの中身を使用してご自分好みのカラーや
モチーフを使って表紙を完成していただきます。

時間内で完成していただくためキットになっていますが、どのような構造で表紙が作られていくのかその過程を体験すると、大事にされている本などの修理も気軽にできるようになります。

イタリー製の発色の良い丈夫な製本クロスを使用してお好みのカラーを選んでいただきます。


カラフルノート

お好みでご自分で選んでお好きなモチーフをお好きなカラーで抜いたり、楽しく作っていただこうと思います。


アップリケ


ワンデー以外の定期講座では、簡単な製図方法や計算方法なども徐々に学んでいくことができます。

東京レザーフェア

昨日と今日の2日間東京レザーフェアが台東区の都立産業貿易会館で開催されました。
私が20代の仕事をしている時から開催していて、当たり前のような展示会でしたが、年々規模も小さくなっています。
コロナの前はイタリアやフランスのタンナーも必ず出展していましたが、この状況では来れるわけもなくイマイチ活気のない展示会になっていました。
出展する革業者も国産製品の扱いが少なく、ほとんどイタリー製か東南アジア製の革。
上質な皮は今は皆中国で買い占められているという話も聞きました。

写真撮影は出来なかったのですが取引予定の業者のカラーサンプルだけは撮影許可をもらいました。
来年春夏の色傾向はこのような感じといったところ。

サンプル サンプル2

サンプル3 サンプル4

革の展示でしたが一軒ハケ屋さん「かなやブラシ」の出展があり、浅草の浅草寺界隈に数店舗あるそうなので、展示会見学の後、仲見世をぶらぶらして店舗発見。

ハケ屋

パソコンのキーボードの埃取り専用のブラシ(下)を見つけ、また服についたシミとり専用の華奢なハケ(まん中)ついでに習字用の硯洗い専用ハケ(一番上)まで購入してしまいました。

店内にいるとこんなブラシがあるのかと、目からうろこ。結構楽しくなります。
横浜や鎌倉にも店舗があるのでぜひお出かけください。

ハケのバリエーション

キーボード掃除用は早速使ったところ、細かい埃が次々と取れてやめられなくなるぐらい毎日使いたくなります。

本日もオンラインレッスン

本日は久しぶりにオンラインレッスンを行い、生徒さんとお顔を見ながらお話をしたりして進めていくので楽しく終了することができました。

午前中一時間と午後一時間と、間をあけて行いました。お一人で進められる箇所を間の時間に完成させていただき、ちょっと面倒な作業を午後から再開して作品を完成することができました。

今日作った作品ではありませんが、下の写真のスナップトレー、革とスエードクロスのリバーシブルの作品を完成。余った時間で次に作る作品の準備を少ししていただき解説をして終了しました。

レザートレー


コロナ禍でレッスンもあまり多くないため、何だか複雑な作品になるとあれ?っとちょっとすぐに思い出せなかったり。どれも自分で発案して作り方をしたためてきたのに情けない!
忘れないためにも人に教えるということはまさに自分磨きと脳トレのような気がします。

今日のレッスンはシンプルだったのでほっと胸をなでおろしています。


リバーシブルトレー

聖徳大学SOA講座 ワンデーレッスン 受講者募集

10月に開催される聖徳大学生涯学習のSOA講座で、ミニステーショナリーのワンデー講座の募集が本日9月6日から始まります。

コロナ禍で、なかなか講座開催ができなくなっておりますが、広々としたお教室での少人数開催です。

作品は以前にもご紹介した薄手の付箋ケースと小物仕分けができる小箱です。
どちらもフィレンツェのイルパピロのプリント紙やマーブル紙を使用してそれぞれ2個づつ作っていただきます。

ワンデーカルトナージュ 
A「フィレンツエのイルパピロのプリント紙で作る付箋ケース」
受講料 材料費込み3300円
開催日 10月4日(月)  10:00〜12:00 ➡ 開催中止になりました

携帯に便利なミニ付箋ケースをイルパピロのイタリア各地のモニュメント柄プリント紙で二種類作ります。
今ネットで10代から70代まで幅広い世代で人気の文具ショップ「Cherish 365」のおしゃれな付箋付きです。輸入品の付箋で日本での販売はここのショップだけです。

作品サイズは縦9.5cm 横5.5cm 厚み0.7cmです


付箋ケース

付箋


B「イルパピロのマーブル紙で作るカラフル小箱」
受講料 材料費込み3300円

開催日 10月18日(月)  10:00〜12:00

フィレンツエのピッティ―宮隣にあるステーショナリーショップ イルパピロは、そのショプ内で毎日マーブル紙の体験ワークショップをすることで有名です。
その工房で一枚ずつ手作業で作られた、カラフルで美しいマーブル紙を使用して普段大切にしている小物をしまっておくのにちょうどよい大きさの小箱二個を作ります。
作品サイズ 立て8.5cm 横6cm 高さ2.5cm

小箱



お申し込み先

成徳大学生涯学習課  筺047-365-3601(直通)
           受付時間  10:00〜17:00 (平日)
                 10:00〜15:00  (土)

2mm厚 白色厚紙 割引価格で販売中

ただいま6月30日までの間表側が白色の2亳紙55×80僖汽ぅを割引販売中です。

プリント紙、グリーティングカード、抜型楕円や変形厚紙など厚紙だけのキット
例えばバインダーキット、ウレタンボールなど平面の形状商品など同梱発送できます。

ショップカートの送料設定がシステム上それぞれの商品ごとに送料が計上されますが、
こちらで、送料を同梱送料に変更してご請求額の再送メールをお送りいたします。

クレジットカード決済でもご請求額変更可能な特殊システムになっておりますので、カードでのお支払いでもご心配なくご迷惑が生じません。

裏灰色2mm厚白色ボール紙

Cherish365 ネットで人気のステーショナリーショップが開店

昨年より当アトリエのあるアークタウンはコロナ禍の影響もあり店舗が次々と閉店して寂しい状況でしたが、この6月にはcherish365という輸入雑貨のお店が開店しました。

もともとネットショップで人気を極め、愛でたく実店舗を開店されたという店主のお話。大変な種類の海外デザイナーの手による付箋やマスキングテープ、メモ帳は日本ではここでしか入手できないそうです。

ディスプレー
オリジナル品
イタリー製の万年筆もありました。手前の太幅のマスキングテープは数千円するというレアもの。
万年筆

私もバッグに入れて使用したい付箋を購入。
付箋

いつも使おうと思うと,すぐ身の回りにない付箋。携帯できるようにケースを作りました。

付箋ケース

表紙はこのように。付箋は強力両面テープで貼っておきます。ネコ付箋にはネコ柄プリント紙で。

付箋ケース

母の日

しばらく季節の庭作業というより労働で疲労困憊し、ブログのアップにいたりませんでした。骨折で2ヶ月以上動けなかった事が体力の衰えに響いていることを実感する日々。

本日は母の日でした。
アトリエのあるアークタウンの花屋さんは先週以来ずっと母の日用のお花のオーダーで夜遅くまで花束やアレンジメント作りで大忙しでした。

うちには青山フラワーマーケットのカーネーションがやって来ました。

カーネーション

Aoyama flower market

家でもはじめて母の日お祝いを開催してもらい、それぞれ持ち寄りで十数年ぶりのランチパーティーとなりました。

ローストビーフ、ピザ、ホカッチャ、グラタン、ちらし寿司とそれぞれ自分が食べたいか得意とするものを持参。
動けないほどの満腹の1日となりました。

ローストビーフ フォカッチャ グラタン ピザ
ちらし寿司 ポテトグラタン

SOAワンデー講座 開催延期

先にご連絡いたしました和綴じ本のワンデー講座ですが、こちらは中止でなく延期となりました。

全く先行き不透明ですが開催される日があることを願ってやみません。

ひとまずお知らせまで。

緊急事態宣言による聖徳大学SOA講座

5月から始まる予定だった聖徳大学SOA講座ですが、今回の緊急事態宣言発令のためすべて中止となりました。

ワンデー講座で行う和綴じ本もすっかり準備していたのですが、残念ながらレッスンができずがっかりしています。

和綴本

お申し込み頂いた方もいらっしゃったと思います。お目にかかれず残念です。

本年からアトリエで開始予定だったオンライン講座ですが、私が骨折、打撲などで不自由を強いられて開催できないまま既に4月も終了に近づきました。
こちらは連休明けにはオンライン講座ができるようショップ内のお申し込みも整えて準備しています。

今回開催できなかった和綴本もオンライン講座で出来るようにしたいと、どのような形で出来るか練っております。短時間で楽しく作品作りをする事をモットーに工夫を重ねたいと思います。

緊急事態宣下でご家族が家にいらっしゃると奥様方はきっとご負担が多い事と、周囲の友人たちの話を聞いて想像しています。コロナありきの生活でも楽しめる何かをまた積極的に求めて行きたいと思います。