primo corso講習作品集

CDバインダー

先日ギフトコレクションでお客様にCDバインダーをお買い上げ頂いたのですが、マーブル紙で表紙を作ってみました。

cdbinder

シックな仕上がりになり、やはりマーブル紙は豪華ですね。写真でははっきり見えませんが、ベージュ系カラー部分は全体的にゴールドが入っています。
カラーファイルを10枚入れて販売していますが、埃が入らないようにケースもあると親切そうです。
が実際にはケースがあると使いにくいですね。

Open

下は真正面上から見た感じです。

Coperchio

ティッシュボックス小型

少し幅の狭いティッシュボックスをアトリエの浴室に合わせて作ってみました。
ティッシュの他に手拭き用のペーパータオルを平常作っている横長のティッシュボックスに入れて置いてあるのでスペースがなくなり、切実な問題でした。

これで解決。


Thissu box media

プリント紙を使用せず、組み合わせてみたかった若草色とブルーキアーロのコンビで作りました。アクセントに偶然イタリーで過去に購入した細見のステッチりぼんがあり、カラーも若草色とぴったりだったので布紙用ボンドで装着しました。

ティッシュの落し蓋には、丁度楕円のブック式写真立ての型がぴったりだったので綺麗に仕上がりました。紙のホコリがかかっても水拭きができるように落し蓋はレザークロスで。
箱の内側もレザークロスです。

Interiore

若草色のクロスは想像以上にいろいろな組み合わせに合うので、生徒さんにも現在とても人気です。ボックスの箱の幅は大きいティッシュボックスと同じで高さが少し高くなります。

カルトナージュ アトリエレッスン

本日はM.T.さんの作品のご紹介。
完成してお持ち帰りいただけたのはカルトレルだけにとどまりましたが、普段とは違うゴム留め方法で仕上げて頂きました。

A3サイズなので結構大きく、それでいてご自身でクロスの貼付幅や背の厚み部分、デザインを決めていただくので、思考時間もありちょっと時間がかかります。

レシピ通りにカットして作るのではないので、今まで考えなかったことまで気にして製図を仕上げて行きます。ちょっと勉強になりますし、ご自身で新しいサイズ違いを作る冒険も目覚めます。

Carterel

材料 布クロス 麻グリーン    プリント紙 森のフルーツとねずみ  丸ゴムイエロー   マーメイド紙   丸ゴム用金具


扉を開いた内側は、片方だけポケットを付けて、そのポケットもマチ付きになさいました。
凝った作りです。できたものをみるとあたりまえのようですが、ご自分で作るとなるとマチづくりも意外と面倒。

aperto

今回ファイル留めのゴムをイタリーから輸入した丸ゴムで仕上げました。ヒラゴムよりもかなり強度があり、ヘタれないので安心できます。

取り付けも普段でしたらハトメに差し込んで、一緒にゴムも打ち込んでしまうのですが、簡単に交換ができるよう、ゴムの先端にこれも輸入の金具を付けました。

丸ゴムもこの金具も輸入していながら、長いことショップにアップすることをウッカリ忘れてしまいました。

以下が丸ゴム及びゴム先端につける金具フェルマエラスティコです。

先留め金具


Elastico tondo

カルトナージュアトリエレッスン 5月

毎月月末はアトリエレッスンになりますが、5月は何かとイベントも多く忙しかったせいかずいぶん時間がたったような気がします。

初級コースで作るジャバラファイル

イタリーから直輸入のこのジャバラファイルはフランス製やドイツ製とは違い、ともかく丈夫で長持ち。表の装飾が壊れても中身はご安泰で10年以上は軽く使用できます。

R.H.さんの作品ですが、プリント紙は和紙にシルバーのエンボス加工。クロスはイタリー製のスエード調クロスととても豪華な雰囲気です。

更に服飾用のシルバーのブレードをあしらい、革のタッセルを装着予定が雰囲気が合わないのでこのままで。

Porta documenti

当店でも販売しているイタリー製クロスと同素材のクリーム色を使用して仕上げてあるジャバラファイルですが、頑強で中のファイルがパンパンになるほど私は使用していましたが壊れない! 当店で輸入しているイタリー製クロスで作品を仕上げると丈夫で壊れないのも改めて頷けます。

Interno


習いにいらして毎月一回、とてものんびりお作りになっていたのですが、およそ2年ほどたちそろそろ終了に近づいた上級コースのY.F.さんの作品楕円の箱二種。

同サイズの楕円を使用したミニ箱と蓋と身を違うサイズにした中サイズの楕円箱。


Scatole ovale

楕円用にカットしてある細幅厚紙1mm厚を使用して仕上げていきます。

作品タイトルはイングリッシュスタイルの楕円箱ですが、土台の厚紙の構成方法がイングリッシュスタイルに仕上げてあります。

Aperto

カルトナージュ4月のレッスン

本日のアトリエレッスンはすべてプリモコルソの作品です。

M.T.さんの作品。イタリアンすごろくのプリント紙と若草色のクロスの組み合わせが、春らしい雰囲気でとても冴えています。

この組み合わせ、私のお気に入りの一つに追加です。

A4 binder & clip boad

そして、到着したばかりの新色のベルデアックア眼鏡のプリント紙のコーディネートも素敵。

Clip bord


A4,A5,A6サイズのクリップボード。いづれも春らしくウキウキしてしまいそうな色合いで、今日はすっかり元気をいただきました。

3size

ご自宅で使用できる便利品の楕円のティートレースクエアートレー
しっかり、見事な仕上げでつやだし液の塗装ができ、防水は完璧です。

気分を変えてシックなイタリアンカフェ柄の楕円のトレーを使ったり、元気な出そうな赤のチェック柄
フォーリエロッソのコンビネーションスクエアートレーにしたり、楽しみも増えます。

Vassoio per the

カルトナージュアトリエレッスン3月

昨日は刺繍を習っている生徒さんがパリのホビーショーに出かけられご帰国されたばかりだったので、貴重なお話を聞くことができました。日本もそうですが、年々出展者がすくなくなり、フランスも大変な様子。ほとんどが刺繍関係のブースだったようです。


プリモコルソレッスンを進めているM.T.さんの作品。ブック式写真立てはフィレンツェアンティック柄と深みどりのクロスとの組み合わせでリッチな雰囲気に。

photo frame

M.T.さんの二作目はA4バインダー。新しく入荷した眼鏡柄と若草色のコンビが春らしい爽やかな雰囲気。綺麗に仕上がりました。早速ご利用され、作品レシピをファイルされました。

A4 binder

スキルアップレッスンにいらしたT.K.さん。型紙作りから始めてじっくり制作。
イタリアで私が仕入れたエトロ布地でメガネケースを完成。

Sunglasses case

内側はスエード調クロスブラックでシックな仕上がり。この作品もウレタンボールを使用しますが、厚紙とのコンビで、作り方は製本づくりを応用です。

inside

2月のアトリエレッスン 続き

初級コース、アトリエレッスンが初めてのK.K.さんと2回目のM.T.さん、ご一緒にアコーディオン写真たてを作っていただきました。

photo album

普段はノートサイズのアコーディオン写真立てを作成するのですが、小さいほうが可愛いとのご意見で、とりあえずミニサイズで作成。
とは言え、大きくても小さくてもかかる手間は一緒です。

album

少々面倒くさい紙の目とか、ウレタンの取り扱いなど細かい説明をじっくりさせて頂きました。
どちらもカラーコーディネートがキュートできれいな仕上がりでした。

お二人ともに本日は二作品完成させていただくことができました。

一点写真撮影失念いたしましたが、M.T.さんの壁掛け式写真立て、スエード調クロスといかにもイタリー的なプリント紙のコンビで豪華な作品に仕上がりました。

壁掛けフレーム

新年初カルトナージュレッスン at アトリエ

新年おめでとうございます。

昨日からショップをオープンしておりますが、本日は新年初レッスン。

昨年末からはじめられたR.H.さんが初級作品早速3点を完成。
年が明けるとなんだか清々しい気分で始められるのは不思議です。


ブック式写真たては若草色のクロスアンティックゴールド&緑のプリントペーパーで。丁寧にとてもきれいな仕上がりで完成しました。

book style photo frame

ノートのようにピッタリと畳めるのでギフトにも人気です。

chiuso


A4サイズのクリップボード
とB6サイズのクリップボード。
お仕事をなさっている方にはA4サイズが人気ですが、一般の主婦の方にはB6サイズのミニサイズが便利と、それぞれのライフスタイルによって人気度も違います。

clip board

B6サイズの和紙とスエード調クロスのパープルカラーがぴったりのコーディネートでした。
A4サイズはクリアーマロンの布クロスとアラベスクブルーのプリント紙。

11月のアトリエレッスン

先週行われたレッスンのアップが遅れました。

初めてカルトナージュをなさるR.H.さんの作品。初めてなので不安と緊張、との後日談でしたが、レッスンが始まると製図もカットもスイスイとこなされて、カラーコーディネートも素敵な写真立てが美しく仕上がりました。

3hole photo stand

材料 スエード調クロス ミントグリーン プリント紙 アンティック ゴールドグリーン 3穴写真立て

午後のレッスンはアコーディオン写真立て。ウレタン使いの別の使い方を習っていただきました。

大きいサイズのアコーディオンキットではなく手のひらに入る小さいサイズでレッスンを進めましたが、手間は同じだけかかります。いかにふくらみを出すかその技も覚えていただきました。

accordion frame
材料 : ミニアコーディオン写真立て 布クロス 若草色 プリント紙 アンティックゴールド グリーン ウレタンボール 地券紙

11月のアトリエレッスン

本日は満席だったにもかかわらず、キャンセル続きとなってしまいました。

お仕事でお忙しいにもかかわらずご熱心なY.H.さんの作品です。Y.H.さんもかつて学習院生涯学習センターで始められ、渋谷西武にお越しになり、ようやくアトリエまで来てくださることに。

本日でプリモコルソが終了です。

ウレタン付きのトレー小サイズは以前リボントレーが課題でしたが、輸入元のイタリーでリボントレーの生産が終了してしまったため、現在は下のウレタン付きトレーに変わりました。
細幅のクロスをブレードのように貼付するのがなかなか面倒ですが、慣れてしまえば応用にも使えます。

vassoio

そして六角ギフトボックス、久々のレッスン登場。サンプルも古くなったので私も制作希望です。
カーキのクロスとカシミール柄の組み合わせでしっとりした大人の雰囲気に仕上がりました。

chiuso scatola

出来上がった時は下のようになっていて、一片づつ折りたたんで上のような箱になります。

scatola aperta

もう一点今日は超大物が仕上がりましたがお写真が撮れずに残念。以前渋谷西武でのプリント紙保管用に作った50cm×70cmサイズが内径の蓋つき箱。大きいダンボールで箱作りをしてそれをベースに厚紙で補強して蓋作りをします。

アトリエではお教え出来ますが、やはり外部のお稽古では場所を取りすぎてなかなか困難と感じた次第。