作品集

スキルアップ講習

いつもお仕事がお忙しいK.U.さんのリクエストで昨日はスキルアップ講習を行いました。

以前行ったファスナー使いのスキルアップを復習されて、作品をご持参くださいました。ご友人のお誕生日祝いには必ずカルトナージュ小物を差し上げるそうで、都度復習をなさってくださるのがうれしい限りです。

skmacaron

ファスナーを開けた中には仕分けポケットをつけてちょっと便利に。

open

そして本日はハートのチョコレートボックス。お気に入りのリバティープリントで蓋部分を仕上げています。

レシピでは蓋はプリントペーパーを使用しましたが、布で行う場合はホットメルト紙を使用して、プリントペーパーと同様の仕上げにします。

heartbox

リバティーの布地はかなり薄手なので、ホットメルト紙が丁度良い感じの厚みに仕上げてくれます。ハートはピンクの無地の布を使用しました。クロスより柔軟性がある布の方が、カーブの多いハートを包み込むには最適でした。

tray box

トレーの内底はレザークロスで。今は生産中止となってしまいましたが、以前販売していたイタリー製のレザークロス白を大事にお持ちくださっていたので、しっかり利用できました。

失敗作を和紙で

体調不調と介護で病院通いなど、日々カルトナージュと関係のない雑務に追われ続けている昨今、アトリエの中の整理が山積。作品の仕上げまでいかなく放棄した仕上げ途中の作品も相当たまって、横目で見てはいつか仕上げる・・・と心に誓っています。

山になっている作品作りで一部失敗したやりかけ品を家に持ち帰っては、ほんの少しずつ気休めに一点ものに仕上げて作っています。一気に仕上げないところに楽しみを見つけています。


washi

3つの引出を作ろうとして、何か仕上げのサイズが合わなく放棄した作品を引出の穴部分を上にして蓋をつけ、3ッつの小物入れにしてみました。

フランスで人気の和紙ですが、印伝風のこの和紙が黒の麻のクロスに似合いそうなので仕上げてみましたが、やっぱり和風。


aperto dietro

せめて内側だけでも、とイタリアンのペーパーにしたところ、以外と良い雰囲気。和風の地味さから脱してちょっと明るくなりました。

右は蓋部分の後ろ側から見た写真。取り付けは布紙用ボンドでしっかり押さえて仕上げてあります。こうすれば、いつか蓋がぼろぼろになった時、作り変えが簡単。一度作った厚紙土台はとても丈夫なので何十年ももちます。

箱の外側にはすべてウレタンボールをつけているので、丸みのある優しい仕上がり。底にもウレタンボールをつけていますが、こうすると摩擦が少なく底が汚れません。

材料 布クロス 麻 黒    和紙   1,5亳紙  1亳紙   ウレタンボール

革を使用したミニバッグスタイルのスマートフォンケース

昨年の9月西武池袋店のカルタフィオッコの講習で講師デビューしたMさんのスマートフォンケース第二弾。

最近流行りのミニバッグスタイルのケースを革と布を使用して作られました。

とても可愛い!

porta Iphone

昨年の講習でお作りになった方は構造はご存じのはずですから、ちょっと手紐を付ければバック仕立てになります。

ポケットもついているのでパスモやスイカを入れておけばお出かけの際の必需品がすっかり揃います。

aperto

カード作り

今週末に控えたアークタウンのクリスマスフェスタ用に、日々商品作り。この2か月何もできずに過ごしてしまったので、ちょっと忙しく、ブログアップができませんでした。

販売用のクリスマスカード作り、何とか仕上がってきました。

card

エンボス加工のカードはカラフルに。同系色の封筒付です。クリスマス以外にも使えます。

colorful card

シングルのカードタイプのカードは、うすピンクのみで、上のカードより厚みのあるしっかりした厚みのあるカードです。

sigle card

丸型のカードは開くとシェルのような形で、よそではちょっと見かけないカード。封筒はプリントペーパーの厚手のもの。

card2

六角リボントレー

ショップでも販売している輸入六角リボントレー台紙ですが、意外と皆様お作りになるのがご面倒のご様子。

プリント紙でお作りになっても布でお作りになっても外側にウレタンを装着して作成すれば、以外ときれいに簡単に。
ハトメ装着もできるので、リボン通しの穴の仕上げもきれいです。

6tray1

犬の柄のイタリー製布地で、渋谷西武レッスンで行うウレタン仕様の布製トレーのような仕上げで作ります。

tray2

内側は汚れても水拭きが出来るレザークロスを使い、0.4mm厚の芯用厚紙を芯にしてクロスを巻き込み仕上げは布紙用ボンドや合皮用ボンドで接着します。

ウレタンボールや地券紙0.4mm厚紙などカルタフィオッコで扱う厚紙類はプロが使う芯専用の紙なので、ケント紙のように重さがなく、仕上がりもいたって軽量。ずっしり重い作品にならないのも特徴です。

犬の柄のちょっと見にくいですね。使用しない時にはペタンコになって収納可能なので邪魔にならないのが良いです。

tray3

 クリスマスカード

フェスタ販売用にクリマスカードを作っています。

封筒はネットショップでも販売している封筒用テンプレート小サイズを使って、カードはビッグショットなどの抜型を利用して型抜きしています。

機械抜きではないので、一度に2〜3枚しか抜けないのが難点ですが・・・。


マカロン風の円形が可愛いカードで、うっかり開いた写真を掲載し忘れましたが、一枚ものではなく、見開きタイプです。

card


そしてこちらも同じく見開きタイプで、エンボス加工のカード。
同じサイズの封筒に入ります。

card b

この封筒のサイズは一筆箋を半分に折ったサイズが入る大きさであり、お札を半分に折ってもぴったりはいる大きさの封筒なので、友人たちの間では結構人気です。

2枚入りで、出店する際には機械抜きした、出来上がった封筒で販売しています。

回転式ボックス ミニ

渋谷と目白の基礎講習で行う初心者向けの葉書ケース(左)ですが、以前から準備していた小サイズのキットがようやくできました。

イルパピロの手摺版紙で作ってみました。(右)厚みは15亳と25亳です。
大サイズも含めてネットでも販売できるように準備したいと思います。

mini box
材料 布クロス空色  プリント紙 レッテラグランデ

イルパピロの手摺版紙で、2デザインのA5バインダーを今月末 11月23日・24日にアークタウンで行われるクリスマスイベントの販売会用に作ってみました。

binder

内側のマーメイド紙もようやく仕入れが出来、色が揃いました。こちらもネットでの販売ができるよう予定しています。

A5binder open

材料 布クロス カーキ  布クロス ライトーベージュ  2穴バインダー金具

フィレンツェ イルパピロの手摺ペーパーを使って

豪華な手摺のイルパピロのペーパーでA5サイズのバインダーを作ってみました。

地味なカーキの柄ですが、新しく入荷したライトベージュを合わせると、明るい雰囲気になります。最後の一枚を使用したのでこの柄はありませんが、花と籠のカーキ柄でも素敵に仕上がります。

A5binder

そして内側はマーメイド紙で、扉を開いたときにはっとするカラーで仕上げました。

A5 open

材料 2穴バインダー金具  布クロスライトベージュ  イルパピロ手摺版紙鳥と動物

ただの段ボールも変身

月一回の渋谷西武のおけいこの際、カートの中に下のの段ボールを入れて、厚紙やキットなど傷まないように持参しています。
がご覧のとおりもうボロボロ。

box carton

捨てようと思ったのですが、これも箱の芯になるので、下のように1亳紙や地券紙でカバーして、蓋が開くあたりに布クロスでまた補強。

box+α

そして、残っていたプリント紙を貼り合わせ、段ボール箱がみるみる変身。

coperto da carta

ただの開閉式ダンボールもこんなにりっぱに。
厚い厚紙でカバーしてしまうと重たくなるので、1亳以下の厚紙を使用するのがポイントです。

finish

蓋一体型のチョコボックス

昨日に続いて今日もバレンタイン用の箱、蓋が一体となる四角いものを8兒擁の大きさで作ってみました。

プリモコルソで行う六角形の蓋一体型のギフトボックスの正方形型です。

製図をすればどんな形でも作れるので、習ったことのある方は是非トライしてください。


scatola  choccolato

開けば中は昨日の蓋つき箱同様内側にレザークロスを配して汚れがふけるようにしてあります。光の加減で赤く見えますが、底の部分は白のレザークロスを使用しています。  ハートつきの箱とほぼサイズは同じです。

aperto scatola valentain