作品集

スキルアップとシール

日曜日にスキルアップでお越しになったS.O.さんの回転式ポストカードケース。まだ幼稚園就学前の小さなお子様がいらっしゃるそうで、この箱の大きさがちょうど出かける時に必須の幼児用おせんべいやお菓子などを入れるのにちょうど良いとか。布クロスアザレア ピンク  回転式ポストカードキット

おせんべいが割れなくてすむそうです。

postcard case

最近人気のあるのがこちらの下のシール。防水なので、カルトナージュにはちょっともったいない気がします。ガラスや陶器にも貼れる便利なものです。

シルバーカラーはまだ販売していませんが、最近入荷したばかりです。⇒販売しています。

cat seal

布クロスダークグレー  ・ 朱赤・ サックス  ・アックアグリーン

9月末に行う作品展 in Ginza

今年は銀座4丁目で作品展を開催することになり、会場が広いのでコラボレーション3人展ということで、ヨーロッパ白糸刺繍のレース作家の方とポーセレンアーツの作家の方とのコラーボレーションで会場を飾ることに。

ジノリやマイセン、ロイヤルコペンハーゲンなどの食器で3テーブルオケージョンに合わせてのテーブルセッティングで、私はギフト用の陶器ケースを作品に合わせて作っています。

この3テーブルのほかにカルトナージュや刺繍やアクセサリーの作品コーナーを設けています。カルタフィオッコの専任講師の方々も出品します。

dish gift box

ジノリのミニプレート用に作ったツメ付箱は作家のご希望のデザインで。

材料:プリントペーパー カトラリー  モアレピンク   モアレグリーン
(作品展時に販売するプリントペーパーです)

dish for antipasto

縦長のオードブル皿用に作ってみたギフトボックス。ギフトされた方が他の物を入れてご利用いただくための箱にしてみました。
材料:布クロス麻グリーン  プリントペーパー カトラリー

aperto scatola

ビーズステッチ用のソーイングボックス

先月からビーズステッチを習い始めました。

何もわからずはじめてみたのですが、作業に必要なビーズを拾うトレー付の道具箱をちょっと作ってみました。

scatola chiusa

その辺にある厚紙を使ってなるべく細かいサイズを測らずに適当に作ったのでかなりいい加減ですが、何とか使えそうです。

材料:1mm厚紙  1.5亳紙  ウレタンボール  布クロス 空色    スエード調クロス サックス  錠前金具 ゴールド  取っ手大サイズ

come si usa

5月のこどもの日に合わせて3色のこいのぼりのペヨーテステッチを習いましたが、単純とはいえなかなか面白い手法です。
以前友人のお母さまがこのステッチでテディーベアー柄を作ってくれたのを思い出しました。

beads stich

2段式で下の引出にスエードクロスを貼付した作業用のトレーをしまい、上の段はビーズなどがこぼれないように落し蓋付の材料入れにしています。

scatola aperta

布製パスモケースのオーダー

以前鎌倉の雑貨ショップ「レイシャワー」で販売していたパスモケースですが、お求めになった方が直接オーダーしてくださいました。

現在レイシャワーさんはあるのですが、お料理上手なオーナーがカフェにショップを転身。雑貨は少しだけ置いているそうです。私は昨年のぎっくり腰以来伺っていないので、そのうちまたこのブログ上にてご紹介します。

素材はビニールコーティングの国産ソレアード布地。加工がしにくいので躊躇しましたが、ネットでも販売している合皮用ボンドを使用したおかげでかなり精巧に仕上がりました。

pasmo case

両面ダブルで使用できます。下の写真は裏と表側。

材料:ウレタンボール 地券紙0.3mm厚  布クロス空色

表裏

下の写真;私が現在愛用しているパスモケースはエトロインテリアの布地製。

pasumo case

和紙のミニ箱

お香のお道具の小さなものを入れるのに便利な小さな和紙の箱を作ってみました。

scatola in carta riso

二色にすると少しは西洋風になるかな、と思ったのですが矢張りしっかり和風。

scatola aperta

とても小さいのですが、以外と可愛いので存在感あり。シンプルな古典的な形は厭味がないようです。

材料:布クロス ブルーキアーロ

スキルアップ講習

いつもお仕事がお忙しいK.U.さんのリクエストで昨日はスキルアップ講習を行いました。

以前行ったファスナー使いのスキルアップを復習されて、作品をご持参くださいました。ご友人のお誕生日祝いには必ずカルトナージュ小物を差し上げるそうで、都度復習をなさってくださるのがうれしい限りです。

skmacaron

ファスナーを開けた中には仕分けポケットをつけてちょっと便利に。

open

そして本日はハートのチョコレートボックス。お気に入りのリバティープリントで蓋部分を仕上げています。

レシピでは蓋はプリントペーパーを使用しましたが、布で行う場合はホットメルト紙を使用して、プリントペーパーと同様の仕上げにします。

heartbox

リバティーの布地はかなり薄手なので、ホットメルト紙が丁度良い感じの厚みに仕上げてくれます。ハートはピンクの無地の布を使用しました。クロスより柔軟性がある布の方が、カーブの多いハートを包み込むには最適でした。

tray box

トレーの内底はレザークロスで。今は生産中止となってしまいましたが、以前販売していたイタリー製のレザークロス白を大事にお持ちくださっていたので、しっかり利用できました。

失敗作を和紙で

体調不調と介護で病院通いなど、日々カルトナージュと関係のない雑務に追われ続けている昨今、アトリエの中の整理が山積。作品の仕上げまでいかなく放棄した仕上げ途中の作品も相当たまって、横目で見てはいつか仕上げる・・・と心に誓っています。

山になっている作品作りで一部失敗したやりかけ品を家に持ち帰っては、ほんの少しずつ気休めに一点ものに仕上げて作っています。一気に仕上げないところに楽しみを見つけています。


washi

3つの引出を作ろうとして、何か仕上げのサイズが合わなく放棄した作品を引出の穴部分を上にして蓋をつけ、3ッつの小物入れにしてみました。

フランスで人気の和紙ですが、印伝風のこの和紙が黒の麻のクロスに似合いそうなので仕上げてみましたが、やっぱり和風。


aperto dietro

せめて内側だけでも、とイタリアンのペーパーにしたところ、以外と良い雰囲気。和風の地味さから脱してちょっと明るくなりました。

右は蓋部分の後ろ側から見た写真。取り付けは布紙用ボンドでしっかり押さえて仕上げてあります。こうすれば、いつか蓋がぼろぼろになった時、作り変えが簡単。一度作った厚紙土台はとても丈夫なので何十年ももちます。

箱の外側にはすべてウレタンボールをつけているので、丸みのある優しい仕上がり。底にもウレタンボールをつけていますが、こうすると摩擦が少なく底が汚れません。

材料 布クロス 麻 黒    和紙   1,5亳紙  1亳紙   ウレタンボール

革を使用したミニバッグスタイルのスマートフォンケース

昨年の9月西武池袋店のカルタフィオッコの講習で講師デビューしたMさんのスマートフォンケース第二弾。

最近流行りのミニバッグスタイルのケースを革と布を使用して作られました。

とても可愛い!

porta Iphone

昨年の講習でお作りになった方は構造はご存じのはずですから、ちょっと手紐を付ければバック仕立てになります。

ポケットもついているのでパスモやスイカを入れておけばお出かけの際の必需品がすっかり揃います。

aperto

カード作り

今週末に控えたアークタウンのクリスマスフェスタ用に、日々商品作り。この2か月何もできずに過ごしてしまったので、ちょっと忙しく、ブログアップができませんでした。

販売用のクリスマスカード作り、何とか仕上がってきました。

card

エンボス加工のカードはカラフルに。同系色の封筒付です。クリスマス以外にも使えます。

colorful card

シングルのカードタイプのカードは、うすピンクのみで、上のカードより厚みのあるしっかりした厚みのあるカードです。

sigle card

丸型のカードは開くとシェルのような形で、よそではちょっと見かけないカード。封筒はプリントペーパーの厚手のもの。

card2

六角リボントレー

ショップでも販売している輸入六角リボントレー台紙ですが、意外と皆様お作りになるのがご面倒のご様子。

プリント紙でお作りになっても布でお作りになっても外側にウレタンを装着して作成すれば、以外ときれいに簡単に。
ハトメ装着もできるので、リボン通しの穴の仕上げもきれいです。

6tray1

犬の柄のイタリー製布地で、渋谷西武レッスンで行うウレタン仕様の布製トレーのような仕上げで作ります。

tray2

内側は汚れても水拭きが出来るレザークロスを使い、0.4mm厚の芯用厚紙を芯にしてクロスを巻き込み仕上げは布紙用ボンドや合皮用ボンドで接着します。

ウレタンボールや地券紙0.4mm厚紙などカルタフィオッコで扱う厚紙類はプロが使う芯専用の紙なので、ケント紙のように重さがなく、仕上がりもいたって軽量。ずっしり重い作品にならないのも特徴です。

犬の柄のちょっと見にくいですね。使用しない時にはペタンコになって収納可能なので邪魔にならないのが良いです。

tray3