知っ得情報

便利な新しい道具が入荷しました

生徒さんのご要望で,アトリエ内だけで販売してきた金具装着に失敗した時のお助け便利道具『クイキリ』やカシメの穴を開けたりする時に使用する木槌をショップ内で販売します。

木槌は欅など使用した丈夫なものが、長い間入手できず諦めていましたが、最近ようやく問屋さんにも数点販売され、ようやくゲットしました。
問屋でもなかなか入手出来ないようで、本来の木槌に適した素材を知っている問屋さんだからこそ良いものが出ないと販売しなかったのですが…。数点しか販売されておらず今度またいつ入手出来るか分からないというので慌てて買入れ。

木槌の方が穴あけ道具(ショップ内ではくり抜きと表示)には適しているようです。

木槌


ゴム鎚はゴム部分が劣化して傷みやすいので良いような悪いような。
逆にゴム鎚は地券紙などを芯にして布や布クロスで仕上げるポケットの折り目を潰して美しく仕上げる際には大活躍です。

ゴム鎚 ゴム鎚2

クイキリはビックリするほど金具を食いちぎってしまう威力があるので、万が一カシメ打ちなどで失敗して取り外したい時とか、修理のために金具を一旦はずす作業がある時には大変有能な道具です。
握力のない私でもパチンと金具が切れてしまい驚きの道具です。

クイキリ

こうした道具は職人さんの手作りですから(当店で扱う道具は手作りにこだわっています)結構無造作に使っていても個人的にはもう50年近くこわれず現役で活躍しているものもあります。

クイキリ 刃

本日より24節気の【大暑】

急に毎日寝苦しい夜が訪れ暑さもひとしおと、思っていたら今日7/23は暦の上では大暑。暑くて当然でした。

昔からこんな時は涼を感じさせる色や物をめでて気持ちの上で涼しさを感じる習慣が日本にはあり、この文化はヨーロッパやアメリカにはなくとても優雅。
自慢の日本文化かと。
和菓子も涼しげだし、目から見ないと涼しさを感じないぐらい昔から日本の夏は暑かったんでしょうね。

この夏になってからも毎日着物、続けています。夏になると仕事場も移動の電車や車の中もクーラー尽くしなので、冷え性の私にとっては夏も着物は必需品です。

画像は絹紅梅の着物。絹と麻の糸を使い畝を出したような仕上がりの反物で透けて涼やかです。
夏の着物

今は絹紅梅や小千谷縮など透ける布地の着物を着ているので見た目はとても涼しそう。
帯も麻の半幅帯に6月から締めていますが、涼しく、締めあがった感じもこしがあって格好がつきます。
浴衣は綿の繊維が詰まっているので、意外と涼しくなくフーフーと暑く素肌に着ないと厳しいです。

上の画像の絹紅梅に麻の半幅帯を貝の口結びに。毎日貝の口結びで帯を締めているので、自分で考えた変形貝の口結びです。
貝の口結び

着物の自撮りは相変わらず上達しないようで、人様に撮っていただかないと画像をアップできるような写真にならずまだまだ努力と工夫が足りないのでしょう。
いつも髪をセットしてくださるアトリエお隣の美容院の方に小千谷縮を着た日に撮影してもらいました。

小千谷縮の着物

幸せの青い卵

千葉中部(市原あたり)に住む友人からの手土産に幸せを呼ぶ青い卵をいただき,その存在をはじめて知りました。
南米チリに生息するカローナ種と言うニワトリが産む卵がこの青い卵。
卵がけご飯にもOKという事で早速いただいたら、かなり濃厚なお味で青い卵の見た目の優雅さとのギャップで戸惑います。

青い卵

そして木更津産という菌床生椎茸もいただいたのですが、巨大なんです。
手のひら二つ分ぐらい。
普通だったら干し椎茸にしてしまうものなのかと一人想像しています。乾燥してやっと普通の椎茸の大きさになるのかな、と。

千葉県は本当に広いので食文化は豊かとこのお土産で実感しました。
とはいえ同じ千葉県でもアトリエのある市川市は江戸川を越えればすぐ東京都なので、もはや里山のような豊かさはなく都内に少し緑プラス程度で淋しい感じがします。

椎茸

Carta a Fiocco ただ今臨時休業中です。

ネットショップトップページにお知らせしておりますが、現在ネットショップは
臨時休業中にて発送ができなくなっております。

3/27〜3/31迄休業となっております。

現在地方にいるため3/26の午後以降の決済分のお届けは4/1以降順次発送させて頂きます。
ご迷惑をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。

先週のトピックなどを交えてブログ記事は引き続きアップして参りますので、皆様のお越しをお待ちしております。

山々

麻クロス 新色がイタリアから届きました

ショップで販売するクロスで一番人気はなんと言っても麻のナチュラルカラークロス
このクロスと同じ素材で薄いグリーンと紺色の縦糸が入ったクロス2種、新色がイタリアから届きました。

ウクライナの戦争がある為航空貨物もどのような経路で運ばれたか不明ですが、想像では多分南回りかなと。

普段でしたら1週間少々で到着するのですが、2週間以上もかかりどうなることかとヒヤヒヤでした。
無事到着してホッとしています。

この2色の他に在庫切れでやはり人気だったライトグレーも一反やってきました。

麻とのミックスカラーなのですが実際の色はもっと鮮明で明るいのに、少しくすんで見えます。
作品を実際に作ってまたご覧いただかないと春向きの爽やかな色目がわからないですね。
着物で言えば、ちょっと紬のような肌触り。和風にも使えそうです。

麻ミックスグリーン色 もう少し実際は明るめ
麻薄緑


麻ミックス紺色 こちらももう少し明るめ
麻ミックス紺色

しばらく在庫切れだったライトグレー
ライトグレー

グレーのクロスを使用したアップリケノート
ライトグレー ノート

クリップボードのリフォーム

お彼岸になり今日は朝から良い天気だったので早朝早速お墓参りに。
以前に洗い張りして私のサイズに直した母の形見の着物を着て出かけました。
子供の頃学校の父母会などの行事がある時に母が良く来ていた思い出のある着物。
供養になるかなと思いつつ、相変わらず毎日着物の生活を楽しんでいます。

輸入品の新しいクロスが届くので午後からアトリエに戻り、色々作業しています。

今日は以前からやろうと思いつつ出来なかった10年以上前のクリップボードのリフォームをしようと思い早速始めています。
4隅の角がもうぼろぼろになって、サイドの厚み部分はグレーの厚紙が見えてしまっています。
ショップの制作キットには厚紙とクリップがセットになったクリップボードキットがA4/A5/B6サイズに対応して販売しています。

古いクリップボード

まずは、まだ使用できる金具を外す作業から。
クイキリという道具を用意します。アトリエでは生徒さんが金具つけに失敗した際に使用するので用意してあります。

クイキリ

見た目はさほど力がなさそうですが、名前の通りカシメなどをぷつんと切ってしまいます。クリップボードを裏側にしてから、カシメの丸い部分を持ち上げるようにしてクイキリの歯を入れ込みます。少し持ち上がったようになったら力を入れて食い切ります。

食い切る

こんな感じに切れます。つぶれたようになります。厚紙部分を傷めないようにゆっくり丁寧に差し込んでカットします。

カシメカット

カシメの切ったところに目打ちを押し込むと、反対側のカシメがポロリと取れます。

<a href=目打ちで押し出す"

これで金具が外れました。カシメは使用できませんが、クリップの方はまだ十分使えます。
今流行りのSDG'sですね。再生できます。

クリップ

プリント紙が結構はがれているので、とれる範囲ではがしました。
その際にはスポンジに少し水をつけて、剝がしたいプリント紙を濡らしてから作業すると意外とよくとれます。
面倒な場合は剝がすのも労力がいるので、はがれた部分を貼りなおしてからその上に新しいプリント紙を貼る方が簡単です。

剥がれ部分 剥がす

前に貼ってあったパープルのクロスの上に直接新しいグリーンの麻クロスを貼りあわせ、小花柄ブラックベースのプリント紙を貼り再生完成。
裏側にプリント紙を貼る前に、カシメを差し込む穴を裏側から目打ちで貫通させます。

再生

コーナーは厚紙がひしゃげていたので、コーナー金具大サイズをつけて補強し、新品同様に仕上がりました。

完成

ネットショップ臨時休業のお知らせとメガネスタンド

今月末臨時休業を致しますのでお知らせいたします。
3月27日から31日までとなります。
26日午前中までに決済が済んだご注文のみ当日発送致します。
商品ご購入ご希望予定の方はお早めのオーダーをお願いいたします。

現在もまだ両手が十分機能しないため、作りたいものは山ほどあるのになるべく手を使わないよう慎重に生活する毎日。

でも何か作りたくてウズウズするのですがこらえつつ、考えたのがキット作品プラスアルファー。
当店で長い間人気のキットはウレタン付き六角小物入れなのですが、3本一度に入れて置ける眼鏡ケースを作りたいとのご要望を伺いそのベースにと考えました。
アトリエに飾ってある六角小物入れは、六角折りたたみギフトボックスを蓋にして飾ってありますが、
この中に仕切りを入れれば一気に可愛いメガネケースになるのでは?と仕切りのサンプルを作ってみました。

六角小物入れ

同じ六角形がベースなのでギフトボックスは蓋にもなり、この両方が作り上がると結構なギフトアイテムかと。

セパレート ボックス

下側の折りたたみボックスに仕切りを作って差し込みます。

仕切り

3本入れておけるメガネケースの完成!です。とっても簡単でした。

メガネケース

商品入荷のお知らせ 便利な道具

カルトナージュ便利道具の一つでもある鋼製コンパス,そして円形カッター、モデラーが入荷しましたのでお知らせいたします。

カルトナージュ便利道具

鋼製コンパスはキットなどをいくつもご自身でお作りになる際、微妙なサイズの定規での測定間違いを避けることができるので便利です。コンパスなのでそのまま針穴を移動させて正確なサイズカットの印付けができます。 
曲尺を使うと0、5mm単位で溝があるのでコンパスの先をそこに当てれば正確な寸法が測れます。

測定

コンパスカッターは中央の穴あき防止プレートもついていて写真のような中心の穴は開けないで円形にくり抜くことができます。
中心が必要な時は穴を開けた方が良いですね。
そして1mm厚紙から1、5mm厚紙まではこれ一つで難なくカットできるのもありがたい。
何よりも替刃付きなのでこのパッケージひとつで相当長い間使用できます。

コンパスカッター

最後にモデラーですが、これはもともと革用の道具で使い勝手がわからないとただヘラのようにこするだけの道具になってしまいますが、シワ取りだけでなく余分につけ過ぎたボンドなどを端から出す作業にも一役買ってくれます。
円や楕円のノリしろ部分の重なりも綺麗に平に仕上げられます。


仕上げ道具

旧正月福袋の発売延期

先にお知らせ致しました2年ぶりの旧正月福袋発売に関してですが、諸事情により急遽取り止めとなりました。大変申し訳ありません。
改めてまた別の時期に開催致します。

また、このコロナによる大幅コスト値上げが当店にも影響し始めております。
新規入荷品に関しては価格が軒並み上昇していますので、現在販売している商品が逆にお買い得
とも言えます。
更に一部の金具で入荷できなくなっているものは製造中止のほか、職人が高齢で後継者がなく廃業に追いやられたり、
また技術を持った職人が突然アルツハイマーになりその型や機械を使える技術を持つ人が見つからず製造できないままのものもあります。

高齢化社会と職人技術の継承がされず、ますます日本の技術が廃れていく様を目の当たりにして寂しく思います。

お客様より何度かお問い合わせいただいて個々にご返答しておりましたが、具体的には下記の画像の商品となります。

下記の商品は現在当店にあるだけでメーカーでは製造が稼働しないため再入荷の見込みがわかりません。
金具


こちらは製造中止です。当店にあるだけです。とても小さいサイズの錠前で可愛いのですが同型でもっと大きいものはありますが今のところ当店では扱っていません。
錠前

以下の商品飾りカシメリボンは製造中止。現在当店にあるだけとなりました。メーカーにて調べてもらったところ24金メッキのものが少し残っていたので追加で販売いたします。
足の長さはカルトナージュ用に一般の飾りカシメより長くして作ってもらっています。が、24金メッキのものだけ5mmの足の長さです。
飾りカシメ

型抜き厚紙 ハートミニサイズとミニ円形抜き型

昨年から欠品していたミニハートとミニ円形の抜き型厚紙が入荷しました。
お正月が終わるとあっという間にバレンタイン。今からバレンタイン用のチョコ箱を作れば間に合いそうですね。

円形ミニ ハートミニ


小さいハート型サイズですが手のひらに入って可愛いボックスが作れます。材料は1mm厚紙の細幅カット済みを使用すると楽ちん。蓋や箱の高さを決めて1mm厚紙を選べば外枠は意外と簡単に!

ハートボックス

ボックスにリボンのような仕上がりのアップリケにするのも可愛い使い方です。

ハートアップリケ

丸い直径6cmの抜き型はマカロン風の小物入れを作るのにピッタリです。
ファスナーを付けて仕上げれば、指輪などアクセサリーをちょっと外した際に入れておくポーチにもなります。
今回は同じサイズのウレタンボールの抜きも販売致しますので、布での制作にも重宝します。

マカロンケース

この作品には行っていませんが、円周の一部を直線でカットするとオルゴール式のミニミニ箱も作れます。

マカロン風ケース