12月のアトリエカルトナージュレッスン

冬至も近づきいよいよ暮れも押し迫ってきています。
アトリエレッスンも明日の日曜日で本年度は終了。

本日はスキルアップの講師レッスンと中級のセコンドコルソのレッスンを行いました。

課題のパスポートケースではポケット作りの紙の目を習得していただく事、カルトナージュではツマミと呼ばれる取っ手を使用して革どめする際の穴の大きさプラス切り込みの測定方法など、目に見えない金具使用時の細かい注意点を勉強して頂きました。

パスポートケース

こげ茶がお好きなカラーとのことですが、パープルの小花柄のプリント紙とのコーディネートが素敵でした。今のこの感染状況では到底パスポートを使用する機会もなく残念ですが、早く使える日が来ることを願うばかりです。

パスポートケース 見開き

そして午後からはスナップトレーを完成して頂き、1日で二作品作っていただいてこちらも元気が湧いてきます。ミントグリーンスエード調クロスとペッカリーのこげ茶の革とのコーディネート。

Snap tray

スナップを革に装着して完成です。やはり金具付けには細やかな製図が必要なので、型紙を作ってスナップ位置がずれないように丁寧な印付をしていただきました。

Snap tray reversed

スキルアップでお越しのI講師は、人気のお道具箱スカートラディリーノを作られました。
仕上げの箱留めはイタリー製タンニン鞣の革でスナップ大サイズを装着。革止め部分には四つ葉クローバー型の本革を飾りに付けてすっきり可愛く。
麻青のクロスに表面加工されている艶感のあるプリント紙シルクスクリーンを合わせています。

Scatola di lino

スナップ仕上げは簡単そうに見えますが、調整は結構難しく、うっかりすると緩んで箱と蓋との間に隙間ができてしまいます。

Sacatola di lino opened

若草色の四つ葉クローバー革小カシメを中央に打ち、少しきつめにカシメ打ちすると、葉の部分が立体的に立ち上がりさりげなく可愛いく仕上がります。

Snap parts

本日のアトリエカルトナージュレッスン

神戸からお越しのM.T.さん。感染が急にひどくなって来てしまいましたが、これから先、感染が収まらないとお越しになるのも不安になられることと思います。

そんな中作品二点完成プラスもう一点未完成と軽快に作業を進められてすっかり上達されています。

まずは横型カードケース。スナップのつけ方はここで初めて習得。そしてポケットづくりのワンランクアップの作り方。地券紙を使います。
 
カードケース

イタリー製のジャガード織インテリア布地を使用して完成。革止め部分にはにわかに人気のクローバー型抜きを一つつけて可愛さアップ。

dietro

扉を開けると布クロスピンクイタリアーナとヴェルデアックアのコンビネーションが目を引きます


open

クロス黒を使用してパスポートケースを完成。
内側はフランス製のマーブルプリント紙。黒のクロスとの組み合わせはすっきりします。
こちらでは全体的に少しサイズが大きくなり、ポケット作りの復習レッスンです。
革止めの止め方はギボシ(取っ手)使いで、こちらも穴あけや切り込み計算方法が必要になってきます。


open

最後に一つ残ったイタリア製取っ手小サイズを使用して開閉。美しい仕上がりです。

Passport case

定規ケース

昨日に引き続き本日は大学での出張レッスン。
生徒さん方は大変ご熱心で、長年コツコツと続けられている為、新しいカルキュラムを作る事もしばしば。今回は生徒さんからのリクエストで50cmの長さの定規が入る定規ケースを作りました。

あまり長い定規だと厚紙の取れる範囲も限られて、ギリギリのサイズです。
ウレタンをかませてあるのですが、最大幅でも数ミリ足りないぐらい。きれいな仕上げに欠かせない紙の目を考慮するとなかなか大変でした。

定規ケース

2色使いにして麻のクロスと他の色の布クロスのコンビにしました。
土台は1mm厚紙0,4mm厚紙を使用し、ウレタンで補強とふっくら感を出しています。

バックスタイル

蓋と本体をつなげるハトロン紙も紙の目に合う長いサイズがなく、包装用の茶紙で一部代用。
一回のレッスンで完成にこぎつけませんでしたが、長さがともかくあるため皆様ご苦労されました。

ケース蓋

蓋とポケットは、イタリーより輸入したプレート付きマグネットを装着させて開閉機能をつけました。

下のように実際に定規を入れてみると30僂里發里盍泙3〜4本は入りそうです。

定規を入れる

麻クロスはしっかりした厚みがあり、それでいてとても製作しやすいので、お気に入りアイテムにされる人気クロスです。

アトリエカルトナージュレッスン 霜月

本日もレッスンは続きます。

2年ぶりにお越しのY.M.さん。お久しぶりでしたが、2年前に準備された材料カットも丁寧に仕分けされていて、1日で時間を要する作品2点完成されました。2年ぶりとはとっても思えない手際良さでした。

まずはカシメでひとつひとつパーツを繋げていく、とっても手のかかるA4サイズのファイルケース。

File case

ハトメをつけてゴム留めしますが、丈夫な丸ゴムにしました。大きなサイズのものは平ゴムより丸ゴムを使用したほうが耐久性があるようです。


ファイルケース部分を全開すると下右のようになりますが、4つの扉の各パーツは足長小カシメでしっかり留めてあるのでまず丈夫で壊れることはありません。作るのにとても手がかかるけれど立派な作品になりました。

File open Each parts

表の扉内側と外側を反対にすることができます。イメージもちょっと変わります。

Another style

そして二作品目のダストボックス。こげ茶のクロスとルチェルトラ柄プリント紙のモノトーンの組み合わせでこちらもシンプルでモダンな仕上がりです。

Dust box

お持ち帰りは折りたたみ式なのでペチャンコになるので便利です。

Holded box


お休みされていらっしゃるほかの皆様方も、気分転換に是非またご都合がついたらアトリエにいらしてください。お待ちしております。

アトリエカルトナージュレッスン 霜月

最近ようやく生徒さんの受講が徐々に戻りはじめ、アトリエもにわかに活気づいてきました。
おうち時間でのんびりムード満載の習慣からやっと脱して来ましたが、取引先の問屋さんでも従業員のステイホームが解除されて全員が出社しており、コロナに注意しながらも世の中少しずつ平常に戻っているようです。

昨日はアトリエレッスン、先日お越し頂けなかった仙台のK.M.さんに来ていただけて安堵です。
k.M.さんの作品はリバーシブルスナップトレー。片側はスエード調クロスを使用して、スナップをつける側は革を使用します。

スナップトレー

リバーシブルになるのでお好きな面を使用できます。

reversible

毎月二回欠かさずお越しのK.M.さんは既に中級半ばに達しています。今回は自分でジャバラファイルを作り上げる面倒な作業から始め、仕上げのプリント紙を和紙にしてとても豪華なジャバラミニファイルができました。大きさは通帳がゆったり入るぐらいの大きさです。

Mini porta documento

和紙の柄合わせもさることながら、ジャバラのポケットひとつひとつに極小玉かしめを打つ作業も大変でした。リボンどめにする平紐を通して完成です。

cover  open

そしてその後、簡単そうに見えてなかなか厄介な丸背のアルバム作り。表紙をつけるだけなのですが丸味のある背を綺麗に完成させる一苦労はやってみないと理解しにくいものです。
出来上がりの見た目は何の変哲もないのが、作り手には歯がゆい思いかも。

album

11月のアトリエカルトナージュレッスン

昨日から連続で受講の広島からお越しのM.T.さん。
本日は課題の三つ折りのシステム手帳を完成されて、その次の課題は裁縫箱。途中になってしまいましたが、またいらっしゃるには距離も遠くリモートレッスンをご希望されていました。

システム手帳

丁寧で完璧な仕上がりに拍手です!
ご希望のリモートは調整してなるべく早く受講して頂けるよう準備を進めて参ります。

材料:プリント紙ブロッカートアラブ  布クロス スエード調クロス紺  システム手帳金具    カードホルダー8枚用   隠しマグネット

open all open

カルトナージュ アトリエレッスン

広島からお見えになったM.T.さんは先日の事前オンラインレッスンで見事に準備されて文箱を完成。一つ一つとても丁寧なので、仕上がりも完璧です。


文箱

材料:プリント紙ゴールドグリーン花柄   布クロス ベルデアックア

文箱 open


そしてスキルアップでいらしたA.I.さんは楕円のファスナー付き小物入れを完成。
型を作り、革漉きの練習をしっかりなさいました。革のパーツも革包丁でカットされ、革の折り返し部分を全て手漉きして準備だけでも時間がかかりました。その代わりに十分応用がきくこと、保証付です。
楕円だけでなくどんな形でもOK。


革包丁でカット

フクシャピンクのマリーアントワネットの靴柄がA.I.さん完成の作品。
手に取るとあまりにも可愛らしくて、ご本人も感激されていましたが、だれが見ても可愛くて作りたくなってしまいます。

楕円のファスナー付き小物入れ

内ポケットと仕分けの革ひもも取り付けて完成です。

内側ポケット仕切り

今日仙台の生徒さんからもレッスンのお申し込みがありました。当アトリエは3人ぶんのテーブル席がありますが、まだまだ感染が減らない現在、定員お二人だけのレッスンにして、密を避ける以外なく、お断りをさせていただきました。遠くからわざわざお越しのお申込みだったのに、大変申し訳なく、心が痛みます。

どうぞまたご連絡いただきたくお待ちしております、

現在のアトリエでは3台あるテーブルのうち、窓に近いテーブルから二台だけで背を向けてのレッスンとなっています。

アトリエ内

アトリエカルトナージュレッスン

本日はアトリエでのレッスン。

K.M.さんの作品はティッシュボックス。当アトリエでの箱作りの基本となっています。

ティッシュボックス

平常は落とし蓋の部分を布クロスで行うのですが、樹脂加工ができるようにプリント紙で蓋を作成しました。可愛い和風の絞り柄ですが仕上がると洋風の雰囲気。

材料 ティッシュボックスキット  布クロスキャメル

蓋は少し乾かしてから樹脂加工液を刷毛で3回ほど塗ります。仕上がりはツヤツヤとなり、ウッカリ濡れた手でティッシュを取り出しても染みがつかずホコリもサッと拭き取れ衛生的です。

樹脂加工

アトリエ カルトナージュレッスン

本日は中級レッスンの方と講師のスキルアップレッスンそれぞれお一人づつ定員のお二人のご参加でした。
学校のお教室のように一方向に向いていただき、1m離れてワンテーブルにお一人づつのレッスンで開催しています。


中級コースのK.M.さん、中級になってからはできる範囲で、ご自分でレシピを見ながら事前にクロスやプリント紙をカットして準備をしてきて頂けるようにして今日がその初日。レシピ通り、紙の目も間違えずきちんと準備いただけました。

その最初のレッスンは三つ折りのマルチファイル。ここでは布クロスや、芯材として使用する地券紙の紙の目が大変重要になります。間違えると紙が変形して使えないものになってしまいます。

作品はクラシックなバラ柄プリント紙ベルデアックアのクロスの組み合わせが品の良い雰囲気のファイルに仕上がりました。
ウレタンボールを表側にかませてあるので、ふっくらと柔らかい仕上がりです。
縁止め式マグネットを使用して蓋を止めています。

三つ折りマルチファイル

A4サイズのプリントの幅の三つ折り仕上げで二箇所にポケットがついています。入れるものに合わせて深さの違うポケットになっています。


内側

そしてスキルアップは今ちょっと再燃しているハート型の裁縫ブック。何か可愛いくて人気者です。布地はショップで販売している裁縫柄。
材料はハート形ウレタンボールを三枚使用します。

ハート裁縫ブック

内側の革はオレンジ色で、それにピンクイタリアーナのクロスをコーディネートさせて温かみのある色合いコーディネートです。スナップ小サイズを使用して仕切り用の革紐の残りを利用してスナップ止めに仕上げました。

内側

本日のアトリエレッスン

久々に神戸からの生徒さんがお越しになりました。
新幹線はお隣に人が座ってくることはなく、とても静かで空いていたそうです。

アトリエが活気付いて元気をいただきます。

今日は折りたたみ二種類のうちのひとつ、ダストボックスを完成されました。
もう一つの折りたたみレッスン、六角小物入れは、あと少しのところで終了となりました。

材料 ダストボックスキット ・ プリント紙 カメリアとゴールドカリグラフィー・ 布クロス若草色  

ダストボックス

若草色の布クロスは、この色単色で見ると、ドキリとしますが、実際には新緑の緑色なので、どんな景色にも馴染むように、花柄のプリント紙にもよく溶け込みます。

内側は汚れが付いても水拭きが出来る壁紙を使用しました。

内側

プレゼントする際にはペタンコに折りたたんでかさばりません。

折りたたみダストボックス